移住のための支援情報

市町村が実施する支援制度

移住に向けたさまざまな支援を実施中です!

空き家情報

住宅取得支援

リフォーム支援

家賃補助

移住体験

市町村

支援情報

問い合わせ先

(1)提供可能な空き家情報をホームページ等で紹介。

(1)企画政策課/0220-23-7331

(1)住まいる栗原ホームサーチ事業として、空き家の(賃貸、売買)情報をホームページで紹介 Webサイト

(1)定住戦略室/0228-22-1125

(1)空き家の情報をウェブサイトで紹介。 Webサイト

(1)市民協働推進部政策課政策企画担当/0229-23-2129

(1)空き家バンクの設置《気仙沼市移住・定住支援センターMINATO》  Webサイト

(1)震災復興・企画課/0226-22-3408

(1)ホームページ内に空き家、空き地の情報や市有財産優良宅地の情報を紹介。 Webサイト

(1)企業立地定住促進課/0224-22-1327

(1)空き家の情報をホームページ等で紹介。 Webサイト

(1)まちづくり交流課/0224-63-2112

(1)空き家の情報を空家バンクホームページで紹介 Webサイト

(1)復興政策課/0225-82-1111

(1)町内の空き家住宅の有効活用を図るため、空き家バンクを設置し、住宅を探している方に情報を提供。

(1)農林建設課/0224-37-2115

(1)町公式ホームページにて空き家情報を紹介。所有者と利用者をつなぐ「空き家バンク」マッチングを実施。 Webサイト

(1)企画財政課/0224-83-2112

(1)川崎町「空き家バンク」をホームページにて紹介。 Webサイト

(1)移住定住サポートセンター/0224-51-8789

(1)町内空き家情報のデータベースを整備しています。

(1)子育て定住推進課/0224-51-9905

(1)空き家、空き地の情報をホームページで紹介。 Webサイト

(1)町民生活課/0223-37-1112

(1)空き家・空き店舗バンクを設置して大和町のホームページで紹介 Webサイト

(1)まちづくり政策課/022-345-1115

(1)空き家バンクを創設し、空き家の情報をホームページ等で紹介。 Webサイト

(1)まちづくり推進課/022‐359‐5537

(1)町内にある空き家所有者と、活用ニーズを結びつける事業。

(1)企画情報課/0229-65-2127

(1)空き家情報を町のホームページに掲載し「空き家を売りたい・貸したい」と考えている所有者と「空き家を利用したい」という希望者との橋渡しをしている

(1)企画財政課/0229-63-3115

(1)空き家、空き地の情報をホームページ等で紹介。 Webサイト

(1)町民生活課/0229-43-2114

(1)空き家、空き地の情報を希望者に情報提供

(1)まちづくり推進課/0229-33-2180

(1)町内における空き家等の有効活用と定住促進による地域の活性化を図るため、町のホームページに「空き家・空き地」の情報掲載。 Webサイト

(1)企画課/0225-54-3131

(1)空き家バンクを開設し、町に登録している仲介業者が契約をサポート。最大5万円の仲介手数料助成などの支援が充実。

(1)企画課/0226-46-1371

(1)住宅の取得費の10%(上限80万円 条件により加算あり)を補助。
(2)地域産材を使用して住宅を建築・増築する場合に最大50万円を補助。
(3)住宅用太陽光発電システムなどの新・省エネルギー設備設置費用(上限10万円)を補助。

(1)企画政策課/0220-23-7331
(2)産業振興課/0220-34-2716
(3)環境課/0220-58-5553

(1)若者定住促進助成事業として、40歳以下の転入者が、住宅を取得(新築・購入・増改築)した場合、借入金の年末残高5%(最大20万円)を5年間助成。若い子育て世帯の新しい生活を応援するため、市内の定住促進住宅分譲地を特別価格で販売。市の定住促進住宅分譲地を購入し住宅を建築した若者に固定資産税納付相当額を最長5年間助成。(2)若い子育て世帯の新しい生活を応援するため、市内の定住促進住宅分譲地を特別価格で販売。(3)市の定住促進住宅分譲地を購入し住宅を建築した若者に固定資産税納付相当額を最長5年間助成。

(1)定住戦略室/0228-22-1125
(2)管財課/0228-22-1116
(3)定住戦略室/0228-22-1125

(1)市外に居住している者が、住宅を新築または購入し、移住する場合、対象費用のうち住宅ローンの借入金を充当する額の10%(上限100万円)を補助。*各種加算あり。

(1)建設部建築住宅課住宅計画係/0229-23-8057

(1)市内に住宅を新築もしくは中古住宅を取得し、転入された方へ30万円を補助。(市内住宅関連業者利用の場合20万円加算) 市内に住宅を新築もしくは中古住宅を取得した市民の方へ、10万円を補助

(1)企業立地定住促進課/0224-22-1327

(1)市外から転入又は市内の他区域から転居する方で、閖上地区被災市街地復興土地区画整理事業区域内に住宅を新築又は購入する方に基本補助金50万円、新婚世帯・子育て世帯には加算補助金50万円を補助。※他の補助金を、本人または世帯員が取得している場合は対象外です。

(1)復興調整課/022-290-208

(1)建物を取得し、要件に該当した場合、最大40万円の補助。

(1)まちづくり交流課/0224-63-2112

(1)・移住者へ住宅取得の形態(新築、中古、市内業者の利用等)により25万円~100万円を補助 ※あわせて【フラット35】地域活性化型住宅ローンの利用が可能 ・空き家バンクを利用した移住者へ引っ越し費用として最大10万円を補助

(1)復興政策課/0225-82-1111

(1)町内への移住や定住を目的に、住宅を取得する方を対象に補助。基本額30万円で、子育て世帯や町内業者を使った新築(改修含む)がある場合、加算あり。

(1)まちづくり推進課/0224-33-2212

(1)新築や改築を問わず、二世帯住宅への費用を半額助成(上限300万円)

(1)農林建設課/0224-37-2115

(1)次世代型住宅(スマートハウス)助成

(1)町民生活課/0224-53-2114

(1)町外からの転入者または子育て世帯の土地購入を伴う住宅取得に対し、最大50万円を補助します。(中古住宅購入は15万円)

(1)企画財政課/0224-83-2112

(1)空き家バンクを活用して住宅取得した移住定住者へ、取得費の50%補助(上限50万円)。45歳以下の子育て世帯が対象。

(1)移住定住サポートセンター/0224-51-8789

(1)新婚、子育て世帯や新たに丸森町に転入された方を対象に、新築100万円、中古住宅70万円。加算補助金も準備しています。(要問合せ)

(1)子育て定住推進課/0224-51-9905

(1)新規転入者or新婚世帯or子育て世帯を対象に、最大300万円(中古住宅は最大100万円)を補助

(1)町民生活課/0223-37-1112

(1)町内に住宅を取得し(中古含む)町外から転入された方を対象に、住宅取得費の10%で50万円(中古の場合は25万円)を上限として補助。 さらに町内業者を利用し建築等を行うと補助金が追加されます。(新築は限度額50万円、中古住宅で修繕の場合限度額50万円まで追加)

(1)企画調整課/022-354-5702

(1)町内の対象地区への転入・転居者を対象に住宅取得やリフォーム費用の10%と子育て加算等の合計額(上限150万円)を補助

(1)まちづくり政策課/022-345-1115

(1)高崎団地分譲地又は民間事業者が民間分譲地を取得し(一箇所5区画)、新築住宅を建築する者又は建売住宅を購入する者を対象に助成。(上限60万円)

(1)まちづくり推進課/022‐359‐5537

(1)移住定住人口の増加を目指し、戸建住宅(最大150万円)や賃貸住宅(250万円限度)を建築した人に対して補助金交付

(1)都市建設課/022-341-8515

(1)町の定住人口増加と活性化を図るため、新築又は既存住宅のリフォーム工事を行う者に対し、予算の範囲内において補助金を交付する。

(1)企画情報課/0229-65-2127

(1)ファミリー住ま居る(スマイル)住宅取得補助金制度を設け、マイホームを購入したい新婚さん・子育て世帯・新規転入者を対象に最大100万円を補助。 Webサイト

(1)ひと・しごと支援室/0229-63-5611

(1)移住者を対象に住宅取得費の10%(上限20万、子育て加算上限20万円、築業加算上限20万円)を補助 町内に移住し、1年以上5年未満、民間賃貸住宅に居住した世帯を対象に住宅取得費の10%(上限20万円、子育て加算上限20万円、町内建築業加算上限20万円)を補助

(1)まちづくり推進課/0229-43-2119

(1)定住を目的として持家を取得した方に対し、定住促進補助金を交付(基礎額30万円、子育て、新婚、転入世帯への加算あり)

(1)まちづくり推進課/0229-33-2180

(1)女川町内に新築・中古住宅(土地を含む)を取得したり、既存住宅の建替えを行う方に補助金を交付。

(1)町民生活課/0225-54-3131

(1)若者の定住を促進するため、40歳以下の子育て世帯や新婚世帯が住宅を建築または購入(中古を除く)した場合に最大100万円を補助

(1)企画課/0226-46-1371

(1)空き家情報バンクを利用した空き家所有者及び利用者に、改修費の50%(上限50万円)を補助。

(1)企画政策課/0220-23-7331

(1)住まいる栗原ホームサーチ事業を利用して空き家を取得(または3年以上賃貸)した転入者がリフォーム工事をした場合1/2(上限40万円)を助成
(2)個人住宅のバリアフリー化・省エネ化等を含むリフォーム工事に対して、市内の業者が施行した場合は対象工事費の15%(上限30万)、市外の業者が施行した場合は対象工事費5%(上限10万円)を助成。さらにトイレの水洗工事を実施する場合は、10万円を上乗せして助成。

(1)定住戦略室/0228-22-1125
(2)建築住宅課/0228-22-1153

(1)市外に居住している者が、購入した住宅をフォームして移住する場合、リフォーム工事費の1/3(上限50万円)を補助。〔*マンションは上限40万円。*各種加算あり。〕市内に住宅を所有している者が、市外に居住する家族と3世代で同居するためのリフォーム工事費の1/3(上限75万円)を補助。〔*各種加算あり。〕

(1)建設部建築住宅課住宅計画係/0229-23-8057

(1)空き家バンク登録物件に関する回収費用等を助成(要件あり)

(1)震災復興・企画課/0226-22-6600

(1)中古物件取得と同時に、リフォーム開始した場合のみ最大20万円の補助。

(1)まちづくり交流課/0224-63-2112

(1)耐震改修費用の一部を補助 耐震改修工事のみ実施する場合:工事費の4/5(限度額100万円) 耐震改修工事に加えその他改修工事(リフォーム工事)を実施する場合:工事費の22/25(限度額110万円)

(1)都市計画課/022-368-1141

(1)個人住宅のリフォーム工事(税抜20万円以上)に対して、一律10万円を補助。

(1)商工観光課/0223-22-1111(代表)

(1)・移住者へ住宅取得の形態(新築、中古、市内業者の利用等)により25万円~100万円を補助 ※あわせて【フラット35】地域活性化型住宅ローンの利用が可能 ・空き家バンクを利用した移住者へ引っ越し費用として最大10万円を補助

(1)復興政策課/0225-82-1111

(1)空き家のリフォームやバリアフリー、エコキュートなどへの改修、住まいの整備にかかる費用の半額を助成(上限100万円)移住者、町内在住者も対象。

(1)農林建設課/0224-37-2115

(1)空き家バンクを活用した移住定住者又は所有者へ、住宅修繕改修費用の50%補助(上限15万円)。

(1)移住定住サポートセンター/0224-51-8789

(1)新婚、子育て世帯や新たに丸森町に転入された方を対象に、リフォーム代金の3分の1以内の額(上限100万円)を補助。(要問合せ)

(1)子育て定住推進課/0224-51-9905

(1)新婚世帯or子育て世帯を対象に、最大60万円を補助。(上記住宅取得支援制度(中古住宅)との重複も可)

(1)町民生活課/0223-37-1112

(1)・町内の対象地区への転入・転居者を対象に住宅取得やリフォーム費用の10%と子育て加算等の合計額(上限150万円)を補助 ・町内で新たに三世代同居を始める世帯に対して引越し費用やリフォーム費用を補助(上限50万円)

(1)まちづくり政策課/022-345-1115

(1)空き家を含めた住宅リフォーム費用の1/5を助成。(町外からの移住者 限度額50万円)

(1)まちづくり推進課/022‐359‐5537

(1)改修工事で町内の業者を利用の場合、省エネを伴う高効率給湯器、LED照明器具、断熱改修工事等に最大10万円を助成。

(1)建設課/0229-63-3116

(1)賃貸を目的として空き家を改修する方に対し、経費の1/2を助成(上限100万円)

(1)まちづくり推進課/0229-33-2180

(1)木造住宅の耐震診断、改修工事を行う方への補助金の交付や危険なブロック塀等の除去費用を一部助成

(1)町民生活課/0225-54-3131

(1)空き家バンク登録物件に入居する際に、最大60万円(補助率1/2)の空き家改修費助成あり。不用品撤去等にも10万円を上限に助成あり。

(1)企画課/0226-46-1371

(1)移住者でどちらか一人が40歳未満の夫婦を対象に、住宅家賃の50%(月額上限1万5千円)を補助。

(1)企画政策課/0220-23-7331

(1)新婚生活応援家賃助成事業として、40歳以下の新婚夫婦が、市内の民間賃貸住宅に入居した場合、最大で月額1万円を2年間助成

(1)定住戦略室/0228-22-1125

(1)市外に居住している若者世帯が、市内に在る一戸建ての空き家に賃貸契約をして移住する場合、家賃の一部(上限月額4万円)を補助。

(1)新婚家庭の家賃の一部(月額5,000円・24ヵ月)を補助。

(1)企業立地定住促進課/0224-22-1327

(1)空き家バンクを活用して住宅賃借した移住定住者へ、家賃-3万円(上限1万円)/月を36箇月補助。

(1)移住定住サポートセンター/0224-51-8789

(1)新婚、子育て世帯や新たに丸森町に転入された方を対象に、入居時10万円、毎月上限1万円(最長24か月)分を補助。(要問合せ)

(1)子育て定住推進課/0224-51-9905

(1)新規転入者で町内に就業する方or新婚世帯or子育て世帯を対象に、アパートの家賃を(最大月2万円を36ヶ月間)補助

(1)町民生活課/0223-37-1112

(1)・町内の空き家・空き店舗を利用して創業・開業する個人・商店街団体等に対して店舗等賃借料月額の1/2以内(限度額25,000円)を36ヶ月補助

(1)産業振興課/022-345-1184

(1)町内に移住し、民間賃貸住宅(月額家賃4万円以上)に入居する世帯の家賃の1/2以内、最長24ヶ月(上限1万円、子育て加算5千円)を補助

(1)まちづくり推進課/0229-43-2119

(1)再生空き家居住支援補助金事業
【平成30年度当初予算額100,000円】
再生空き家を賃貸借契約に基づき1年以上賃借しようとする者で、契約時の年齢が40歳未満の方に対して交付する。
・月額1万円を上限とし、年2回に分けて、最長2年交付。

(1)まちづくり推進課/0229-33-2180

(1)子育て世帯に月額2万円、その他世帯にも月額1万円を上限に最大24ヶ月分の家賃助成あり

(1)企画課/0226-46-1371

(1)移住体験ツアー実施、移住お試し住宅あり(県外の方には一部旅費等の補助あり)。

(1)企画政策課/0220-23-7331

(1)空き家を活用した移住生活体験施設を設備

(1)定住戦略室/0228-22-1125

(1)移住相談窓口の移住コンシェルジュによる企画ツアーを実施(委託事業)

(1)地域振興課/0225-95-1111(代表)内線4244・4245

(1)お試し移住受入態勢整備中《気仙沼市移住・定住支援センターMINATO》 Webサイト

(1)震災復興・企画課/0226-22-3408

(1)市街地の暮らし(白石地区)と里山での暮らし(小原地区)という、ロケーションの違う生活を体験していただけるよう2地区に移住体験住宅を整備しました。 Webサイト

(1)企業立地定住促進課/0224-22-1327

(1)移住体験ツアー実施。お試し居住施設あり

(1)ふるさと振興課/0224-37-2194

(1)春夏秋冬年4回のお試し移住ツアーを実施予定

(1)移住定住サポートセンター/0224-51-8789

(1)移住体験ツアー実施。お試し暮らし施設あり。(要問合せ)

(1)子育て定住推進課/0224-51-9905

(1)移住体験ツアー・首都圏交流会の実施(委託事業)

(1)町民生活課/0223-37-1113

(1)お試し移住プログラム(5~30日間、実際に女川に住んでみて、女川町ならではのライフスタイルを体感できるプログラム)

(1)産業振興課/0225-54-3131

(1)移住体験ツアー実施

(1)企画課/0226-46-1371

メルマガ登録

サポート登録

イベント情報や支援情報など、最新の情報をメールでお知らせします!