移住のための支援情報

市町村が実施する支援制度

移住に向けたさまざまな支援を実施中です!

出産支援

子育て支援

結婚支援

市町村

支援情報

問い合わせ先

(1)・不妊に悩む方への特定治療費(1回あたり上限10万円)を補助。 ・妊婦一般健康診査(14回分)に係る費用を補助。
(2)出生祝い金として第3子以降1人につき10万円を助成。

(1)健康推進課/0220-58-2116
(2)子育て支援課/0220-58-5562

(1)・すこやか子育て支援金として、1・2人目2万円、3人目5万円、4人目10万円、5人目から20万円を支給。・夫婦が行う特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)に要する費用の一部を助成。1回の治療につき10万円を限度。
(2)里帰りなどにより指定外の医療機関で妊婦健診を受けた際に、妊婦健診費用を助成。妊娠期のむし歯や歯周病の予防とセルフケア意識の向上、胎児の歯に対する意識づけによる乳幼児のむし歯抑制のために、市が指定する歯科医院で健診を受けた場合、市が健診料を全額負担します。

(1)子育て支援課/0228-22-2360
(2)健康推進課/0228-22-0370

(1)特定不妊治療費助成事業(宮城県の助成を受けた特定不妊治療及び男性不妊治療に要する費用の一部を助成する。(1回10万円まで))

(1)健康推進課/0225-95-1111(代表)内線2422

(1)・国民健康保険に加入されている方が出産したときに、世帯主に出産一時金を支給(各種要件あり) ・妊婦健康診査の14回分の検診費用を助成(多胎妊婦については6回分を追加助成)・父子健康手帳の交付 パパママ教室などあり

(1)健康増進課/0226-21-1212

(1)出生祝金1万円(第3子以降2万円)。すくすくベビー(育児用品助成)券4千円を贈呈。 妊婦健診費用は最大14回分助成(多胎妊娠は7回分を追加)。 特定不妊治療費は1年度あたり最大10万円を助成(最長5年間)。 妊婦、産婦を対象に「妊婦さんと赤ちゃんのサロン」に合わせて、年3回歯科検診を実施

(1)子ども家庭課/0224-22-1363

(1)特定不妊治療の治療費助成事業として、県の特定治療支援を受けているご夫婦を対象に、一回につき、最大10万円を補助(男性不妊治療の対象となる場合は、最大5万円を追加助成)。育児ヘルプサービスでは、出産後まもなく何らかの事情で日中に家事や育児が困難な家庭にヘルパーを派遣し支援を行うサービスを実施している。

(1)保健センター/022-382-2456

(1)出産祝金(第1,2子1万円、第3子以降3万円)
(2)不妊治療費補助(治療内容により1回5万円又は10万円を上限)

(1)子育て支援課/0224-63-0134
(2)健康推進課/0224-62-1192

(1)・母子手帳の交付、妊婦健診助成券交付、産前産後サポート事業、妊婦歯科健康診査 ・食育講座、転入者向け事業、子どもの発育・発達支援(一歳児come☆かむ広場)、地域企業等との連携事業などを実施。

(1)健康課/022-368-1141

(1)・特定不妊治療費補助(1回の治療につき最大10万円) ・風疹ワクチン予防接種費助成 ・妊婦健康診断

(1)健康増進課/0223-22-1111(代表)

(1)特定不妊治療(体外受精又は顕微受精)に要する費用の一部を助成(1回の治療につき15万円)

(1)健康推進課/0225-82-1111

(1)14回分の妊婦健康診査にかかる費用を助成。多胎妊娠の方は、14回分の他に6回分の助成を追加交付。

(1)保健福祉課/0224-33-2003

(1)妊婦健診費用助成制度あり

(1)健康福祉課/0224-37-2331

(1)・第3子以降出生世帯への出生祝金10万円。第3子以降の小学校入学祝金3万円。 ・妊婦健康診査の助成、多胎妊婦への追加助成、里帰り出産等による県外での妊婦健診と予防接種費用の助成、妊婦歯科検診の費用負担 ・特定不妊治療費助成

(1)子ども家庭課/0224-53-2251

(1)出生を歓迎し、祝い金を支給(第1子20万円、第2子以降10万円)。また、お子さまの誕生を祝い、育児スターターキット「くらりんボックス」、有料指定ごみ袋Lサイズ60枚をプレゼント!

(1)子育て支援課/0224-83-6405

(1)・妊婦健診、里帰り出産等による県外での妊婦健診と予防接種費用の助成。妊婦歯科検診(自己負担無料) ・特定不妊治療費助成(治療費の一部を助成)

(1)健康推進課/0224-55-2160

(1)第1子・第2子に10万円の祝い金。第3子に30万円の祝い金。妊娠検診費用14回分助成。

(1)保険福祉課/0224-84-6008

(1)・妊婦健康診査の助成  県内の医療機関(福島県あらき産婦人科クリニックは可)で母子健康手帳別冊の受診票(助成券)を利用すると、14回の妊婦健診(指定検査項目)について健診料の助成が受けられます。 ・里帰り出産等による県外での妊婦健診と予防接種費用の助成  出産で宮城県外の実家に里帰りしたために、亘理町で交付した妊婦健康診査受診票が使用できず、自費で妊婦健診を受けた方に対して、費用の一部を助成します。 ・妊婦歯科検診の費用負担  母子健康手帳別冊の受診票を利用すると、町内の指定医療機関で妊娠中に無料で歯科健康診査を受けることができます。

(1)健康推進課/0223-34-0524

(1)・ベビーバス及びベビーベッドの無料レンタル。 ・出産お祝いとして町内店舗で利用できる「出産お祝い育児支援チケット」を交付(2,000円のチケット12枚) ・不妊治療に係る体外受精及び顕微授精費用の一部助成

(1)保健福祉課/0223-37-1113

(1)出産祝いとして、かわいくて実用的な「おむつケーキ」を贈呈。
(2)妊婦健康診断受診を14回分助成

(1)子ども支援課/022-767-2193
(2)保健福祉課/022-356-1334

(1)出生祝金(第3子以降10万円(現金))。
(2)妊婦健康診査費用14回分の助成(多胎の場合、追加6回(最大20回)の助成利用が可能)

(1)町民生活課/022-345-1117
(2)保健福祉課/022-345-7221

(1)出生祝金、第1子1万円、第2子2万円、第3子3万円、第4子以降5万円。特定不妊治療費の助成(年間上限1回10万円×4回。)

(1)町民課/022‐359‐5504

(1)妊娠期から子育て期まで切れ目のない相談支援の実施

(1)子育て支援課/022-358-0516

(1)妊婦へ5万円の子育て支援券を交付し、タクシー利用料及び育児用品(紙おむつ・粉ミルク)の購入助成

(1)健康福祉課/022-345-0253

(1)多子世帯に対し出産祝金。①第2子:50,000円、②第3子以降  100,000円

(1)子育て支援室/0229-66-1700

(1)第1子、第2子は20,000円の商品券、第3子以降は50,000円の商品券と現金50,000円
(2)・赤ちゃんが生まれたら、全ての家庭に保健師、助産師が訪問しお母さんやお子さんの健康状態を確認。今後の健診の説明やアドバイスを行う。
・新生児聴覚検査を実施した場合、5,000円を上限に費用を助成
・産婦、1か月児健康診査は産婦、1か月児合わせて8,000円を上限に費用を助成
(3)お子さんの誕生祝いと健やかな成長を願い、地元の農家が心を込めて作った安心・安全な有機米「加美だっこ」を出生体重と同じ量、「食い初め」の風習に合わせてプレゼント

(1)子育て支援室/0229-63-7870
(2)保健福祉課/0229-63-7871
(3)農業振興対策室/0229-63-2161

(1)妊婦健康診断受診を14回分助成
県外里帰り出産をする妊婦に対して、県外での妊婦健診の費用を助成
(2)特定不妊治療を受けた方を対象に、治療費の一部として、県の助成額を差し引いた金額のうち、1回あたり10万円を上限に助成

(1)健康課/0229-43-5111
(2)健康課/0229-43-5111

(1)美里町不妊治療費助成事業
【平成30年度当初予算額150万円】
高額の医療費がかかる特定不妊治療を受けた方に治療費の一部を助成します。1回 当たり10万円を上限とします。
【助成対象】 宮城県で実施している「宮城県不妊に悩む方への特定治療支援事業」の助成の決定を 受けたご夫婦であり、以下の要件をすべて満たしている方
①申請日現在、夫婦または夫婦のいずれか一方が美里町内に1年以上住所があること。
②夫婦の前年の所得(1月から5月までに申請する場合にあっては、前々年の所得)の合計額が730万円未満であること。
③他市町村から同様の目的で助成を受けていないこと。
【助成回数】
初めて助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢により助成......

(1)健康福祉課(健康推進係)/0229-32-2945

(1)特定不妊治療に要した費用の一部を助成。

(1)保健センター/0225-53-4990

(1)出産時に子育て応援券(商品券)を配布(第1子3万円、第2子5万円、第3子10万円)。特定不妊治療費助成(1回あたり15万円上限)

(1)保健福祉課/0226-46-1402

(1)・子育て支援センターにおいて、子育て親子の交流の場を設け、絵本や紙芝居の読み聞かせ、子育てに役立つ講座を開催。また、育児相談、育児に関する情報提供などを実施。 ・子育ての支援を受けたい方と支援を行いたい方を会員組織化して、子どもの預り及び送迎や産前産後等のサポートなどの支援活動を実施。 ・満1歳未満の乳児を抱える家族に対し、紙おむつ及び育児用品を支給。 ・保育料は、第2子は半額負担、第3子以降を無料。 ・認可外保育施設を利用している保護者に対し保育料(月額上限1万5千円)を補助。
(2)・乳幼児の任意予防接種のうち「おたふくかぜ」、「ロタウィルス」の費用を全額補助。 ・乳幼児を対象とした予防接種のスケジュール管理を基本に、感染症の流行状況、子育て情報等を提供する......

(1)子育て支援課/0220-58-5562
(2)健康推進課/0220-58-2116
(2)学校教育課/0220-34-2679

(1)保育所・幼稚園に2人以上同時に入所した場合、2人目以降の保育料及び幼稚園授業料が無料
(2)経済的な理由で小学校・中学校に就学困難な児童生徒の保護者に対して、学用品費や学校給食費など、就学上必要な経費の一部を援助。市内全幼稚園において3年保育を実施、併せて、延長保育・預かり保育・一時預かり保育を実施。
(3)3~4ヶ月児健診の際に、読み聞かせボランティアと職員が、絵本を開く楽しい体験といっしょにあたたかなメッセージを伝え、絵本を手渡します。3歳児健診を受診する保護者と幼児に、図書館が指定する4冊の絵本の中から気に入った1冊を選んでもらい、プレゼントします。

(1)子育て支援課/0228-22-2360
(2)学校教育課/0228-42-3512
(3)栗原市立図書館/0228-21-1403

(1)【子育てわくわくランド】乳幼児の託児や、親子で一緒に遊べるスペース、子育て情報の提供、子育て相談など、親子の交流や子育てを支援するための充実した施設です。(子育てわくわくランドTEL0229-24-7778)【出産育児ヘルプ事業】出産前後に、日中家族からの支援が受けられず、育児等が困難な家庭を対象に、育児不安の軽減等を図り安心して子どもを産み育てられるよう支援するため、育児や家事の援助を行うヘルパーを派遣します。

(1)民生部子育て支援課児童福祉係/0229-23-6045

(1)「石巻市父子手帖」配付(母子健康手帳交付時及び3歳までの子どもがいる市民の方で希望する方に「石巻市父子手帖」を配付する)
(2)地域子育て支援センターを各地区12ヶ所に設置。子育て世代包括支援センターにおいて相談支援及び子育てメール相談を実施

(1)健康推進課/0225-95-1111(代表)内線2423
(2)子育て支援課/0225-95-1111(代表)内線2516

(1)「地域子育て支援センター事業」「ファミリーサポート事業」「つどいの広場事業」「ほほえみ広場事業」「藤倉児童館運営事業」「放課後児童クラブ運営事業」「地域優良賃貸住宅(子育て支援住宅)」

(1)健康福祉部子育て支援課・建設部定住促進課/022-363-3630他

(1)・父(母)がいない児童を教育している母(父)とその児童、または母親のいない児童に対し、児童が18歳に達した最初の3ヶ月までの医療費の一部負担金を助成(所得要件あり)・気仙沼市ファミリー・サポート・センターあり

(1)子ども家庭課/0226-22-3429

(1)第3子以降の保育料無料(要件あり)。子育て情報誌“子育てホっとマップ”の設置・配布。子育て支援コーディネーターによる相談受付。生後6ヶ月~小学校就学時前にお子さんの一時預かり事業。

(1)子ども家庭課/0224-22-1363

(1)私立幼稚園に通う児童一人に対して、年間6,000円を補助。病後児保育事業では、病気が回復してきているが安静が必要な時期に、専用の保育室で看護師・保育士が子どもをお預かりするサービスを実施。
(2)病後児保育事業では、病気が回復してきているが安静が必要な時期に、専用の保健室で看護師・保育士が子どもをお預かりするサービスを実施。

(1)こども支援課/022-724-7119
(2)こども支援課/022-724-7119

(1)紙おむつ用ごみ袋支給(乳児、1回限り)

(1)子育て支援課/0224-63-0134

(1)・平成30年10月から子育て世代包括支援センターを開設。このセンターでは妊婦期から子育て期の切れ目ない支援・相談受付をワンストップで実施。 ・制度・手当、子育て支援施設、相談等をまとめた「子育てガイドブック」を窓口等で配布。 ・未就学児とその保護者を対象とした「親子向けワークショップ」を開催。 ・「子育て世代応援情報誌soda+(そだつ)」を月1回発行 ・母子保健サービスやライフステージごとに必要な情報等をまとめた「多賀城市子育て親育ちサポートブック」を配布 ・発育や発達、健康状態等の相談として保健師、助産師、栄養士、歯科衛生士による「乳幼児健康相談」を月1回実施。 ・お子さんの情報に合わせた食事の相談や調理体験、交流ができる「離乳食教室」を月1回以上実施。

(1)保健福祉部子育て支援課 健康課/022-368-1141(内線672)

(1)・ロタウィルスワクチン予防接種費用助成事業 ・おたふくかぜワクチン予防接種費用助成事業 ・里帰り出産等に伴う県外での提起予防接種費用助成事業 ・中学3年生インフルエンザワクチン予防接種費用助成事業 ・発育発達相談等の子育てに関する相談、教室の定期的な開催 ・産婦健康診査、産後ケア事業
(2)・出産後の家庭をボランティアが訪問し、子育て支援情報の提供や、子育てについてアドバイスを行うなど、地域で子育てを支援 ・移転した親子を対象に、子連れスポットを巡り、親同士の交流を図るバスツアーを年1回開催 ・「Happy チャイルドカレンダー」(月刊)や「子育てガイドブック」(年刊)を通じて、子育て支援情報を発信

(1)健康増進課/0223-22-1111(代表)
(2)子ども福祉課/0223-22-1111(代表)

(1)きょうだいで幼稚園及び保育園に入園する際の保育料を軽減(第2子 1/2、第3子以降0円)(2)【ファミリーサポートセンター】地域内で子育ての支援を受けたい方と支援できる方をマッチング (3)【子育て支援センター】誰でも無料で利用できる子どもの遊び場及び子育ての情報提供、相談先、親同士の交流先(市内2か所)

(1)子育て支援課/0225-82-1111
(2)子育て支援課 (ファミリーサポートセンター)/0225-84-2676
(3)子育て支援課 (あいあい、ほっとふる)/0225-87-2338 0225-84-2676

(1)第3子以降の出生にお祝い金。全てのお子さんに48,000円分紙おむつ券交付。予防接種助成等、町独自の支援が豊富。

(1)子育て支援課/0224-33-2122

(1)子育て支援金制度第1子300,000円 第2子500,000円 第3子以降700,000円を支給。保育料無料。
(2)3歳までのおむつ購入費用助成。乳幼児の健診助成制度。予防接種の無料、一部助成制度。

(1)町民税務課/0224-37-2114
(2)健康福祉課/0224-37-2331

(1)・中学3年生へのインフルエンザワクチン接種無料。 ・私立幼稚園就園奨励費制度

(1)健康推進課/0224-53-2115

(1)町独自の制度で、幼稚園の授業料が第3子以降以降無料へ!(保育所保育料は、幼稚園同額助成)。子育て支援センターで年齢にあわせた事業が充実しています(自由開放、子育てサークル、子育て相談など)。

(1)子育て支援課/0224-83-6405

(1)中学3年生のインフルエンザ予防接種(自己負担無料)
(2)小学校等入学祝金支給事業(小学校等に入学する第3子以降の子を養育する保護者に対し、入学祝金を支給) 

(1)健康推進課/0224-55-2160
(2)教育総務課/0224-55-2134

(1)満1歳児までの乳児に対し1ヵ月1万円の助成券を交付。

(1)保険福祉課/0224-84-6008

(1)第2子以降の保育料無料。放課後児童クラブを開設。(要問合せ)

(1)子育て定住推進課/0224-72-3013

(1)・メールによる子育て支援情報の配信  防災、行政情報を電子メールで配信する「亘理町メール配信サービス(ほっとメール便)」を行っています。 ・公園マップの配布  町内の公園について、遊具の種類や施設の紹介をイラストで紹介する冊子を配布しています。 ・子育てに関する情報をまとめた冊子を配布

(1)子ども未来課/0223-34-1225 生涯学習課/0223-34-0510

(1)「子育てするなら山元町」を目指して支援策を今後も拡大。 ①ベビーマッサージ・ベビーコミュニケーション講座の無料受講。 ②1歳6ヶ月児健診及び3歳児健診時に絵本、知育ツールを交付。 ③保育所入所児童の主食(温かいご飯)の提供。(完全給食の実施) ④保育所でお昼寝用敷き布団やベッドを準備し、一括して布団の乾燥、消毒を実施。 ⑤保育所で使用するタオルを全てペーパータオルに切り替え。 ⑥子育て拠点施設(子育て支援センター、坂元地区交流センター)における育児相談・子育て関連の講座・親子イベント等の開催(親子がふれえる機会の提供) ⑦町の子育て情報をまとめたyamamoto子育て応援!ファイルの配付。 ホームページのリニューアル及び子育て情報発信。

(1)保健福祉課/0223-37-1113

(1)第3子以降の保育料を一部助成。

(1)子育て支援センター/022-362-7731 教育総務課/022-357-7440

(1)第3子以降の保育料が無料(4歳、5歳の児童)。保育所、幼稚園、認定こども園、認可外保育施設すべて対象で、所得制限なし。

(1)子ども支援課/022-767-2196

(1)18歳以下の子どもとその保護者への相談窓口、情報提供、子育てサークル・ボランティア等の実施。情報誌による子育て情報発信。

(1)子育て支援課/022-345-7503

(1)町立幼稚園、町立小・中学校に通学している児童、生徒を対象に給食費無償化。
(2) 育児用用品引替券を満1歳の誕生日の誕生月まで月額3千円上限として配布

(1)教育課/022‐359‐5514
(2)町民課/022‐359‐5504

(1)第3子以降の小学校入学時に、保護者に対し祝い金3万円を支給。

(1)子育て支援課/022-358-0516

(1)出産祝金一人あたり5万円、入学祝金小・中学校入学時各3万円を支給。

(1)健康福祉課/022-345-0253

(1)・保育所、認定こども園、小規模保育施設等の保育料について、就学前の児童を対象に2人目は半額、3人目以降は無料
・放課後家庭で過ごすことが難しいお子さんを、平日の放課後、夏休み、冬休み、春休み期間中にお預かりする放課後児童クラブを実施
・就学前の幼児を対象に無料で言語検査を行い、必要な児童には保育時間内に「ことばの教室」の指導を行う
・0歳から就学前までのお子さんと保護者を対象に、楽しく遊んだり情報交換の場として「広場」を開設
(2)・産前、産後それぞれ月1回、出産に関すること、産後の母体、子のケア、赤ちゃんマッサージなど助産師がアドバイス
・子育てに悩みを抱えている保護者等に対し、臨床心理士が専門的なアドバイスや必要に応じてカ......

(1)子育て支援室/0229-63-7870
(2)保健福祉課/0229-63-7871
(3)中新田図書館/0229-63-6100
(4)体育振興室/0229-69-5113

(1)生後6ヶ月以内の乳児がいる世帯に乳児用紙おむつ等の購入費として、乳児1人につき2万円を助成 第3子以降の子が小学校に入学する保護者に対し、子1人につき3万円を支給

(1)福祉課子育て支援室/0229-43-2119

(1)認可外保育施設入所助成事業
【平成30年度当初予算額4,800,000円】
町内に住所を置き、町内外の認可外保育施設に入所する児童の保護者に対して助成金を交付する。
・対象児童 認可外保育施設への入所時点で3歳未満の児童
・交 付 額 児童1人当たり月額10,000円
・交付時期 上期、下期の2回に分けて給付

(1)子ども家庭課 給付助成係、子育て支援係/0229-33-1411

(1)同一世帯から2人以上の児童が入所している場合、2人目の児童の保育料は半額とする。第3子以降の児童の保育料は無料に減額される場合がある。母子世帯、在宅障害児(者)のいる世帯については、保育料が減額される場合がある。

(1)健康福祉課/0225-54-3131

(1)保育料の軽減措置を拡充(第2子半額、第3子無料)、町内3カ所に子育て支援センターを開設

(1)保健福祉課/0226-46-1402

(1)出会いイベント、自分磨きセミナー、結婚相談会を開催。

(1)市民協働課/0220-22-2173

(1)くりはら婚活プランナー認定制度として、独身の男女の仲をサポートすることに意欲のある方を認定しその活動を支援、婚活イベントを開催、婚活イベント開催団体に対する補助金

(1)定住戦略室/0228-22-1125

(1)婚活イベントを開催

(1)地域振興課/0225-95-1111(代表)内線4246

(1)・結婚新生活支援として家賃・改修費用等の一部を助成(適用要件あり)・婚活イベントの開催

(1)震災復興・企画課/0226-22-3408

(1)婚活支援事業補助金を、市内の婚活イベントへ助成し、出会いの機会を創出している。

(1)政策企画課/022-724-7144

(1)結婚相談会(年1回)、結婚支援イベント「岩コン」(がちコン)開催

(1)商工観光課/0223-22-1111(代表)

(1)年2回程度、婚活パーティー及び事前の婚活セミナーを開催
(2)新婚世帯に対し、新規の住居の賃借費、取得費用、引越費用を助成(上限30万円)

(1)市民協働課/0225-82-1111
(2)子育て支援課/0225-82-1111

(1)婚活イベントの開催

(1)保健福祉課/0224-33-2003

(1)婚活サイトの加入費用等を助成

(1)町民税務課/0224-37-2114

(1)新たな出会いの場の提供

(1)企画財政課/0224-53-2112

(1)結婚推進事業で出会いの場創出やセミナーを開催しています。独自の少人数開催が魅力の「むら婚」カップリングパーティーでは、高確率でカップルが誕生。これまで全6回、21組のカップリング成立している。

(1)町民生活課/0224-83-6401

(1)婚活会を年間3回程度実施し、出会いの場を提供。結婚祝い金3万円。

(1)町民生活課/0224-84-2111

(1)丸森町に1年以上住民登録されている20歳以上の独身の方を対象に、結婚相手紹介サービスの入会金と月会費の半額を補助。(要問合せ)

(1)子育て定住推進課/0224-51-9905

(1)亘理町みやぎ青年婚活サポートセンター利用促進助成金
「みやぎ青年婚活サポートセンターPISA(ピサ)会員」の入会金(15,000円)の半額を助成します。「みやぎ青年婚活サポートセンター」は、宮城県、県内全市町村が連携し、宮城県教育委員会所管の一般財団法人宮城県青年会館が運営する、公共性の高い相談所です。   助成金の金額:7,500円(入会金15,000円の半額)

(1)町民生活課/0223-34-1113

(1)婚活イベントを開催し、成婚者には結婚祝い金を支給。

(1)保健福祉課/0223-37-1113

(1)駅前をオープンカフェとして、出会いの場を創出するイベント「婚活カフェ」を実施する予定

(1)政策課/022-767-2113

(1)・結婚を希望する男女の相談に専門の結婚相談アドバイザーが対応 ・町内在住・在勤者を優先として男女20名程度の婚活パーティ開催

(1)総務課/022-345-1112

(1)婚活イベントや結婚相談サービスを利用する独身者に対し参加経費の一部を助成。(申請一回あたり上限5千円。)

(1)まちづくり推進課/022‐359‐5537

(1)黒川地区後継者対策推進協議会で婚活イベント開催

(1)産業振興課/022-341-8514

(1)結婚相談所の開設と相談員の配置による結婚支援を行う。

(1)社会教育課/0229-65-3110

(1)出会い&ふれあい応援事業として、出会いイベントやふれあい体験の開催、各種婚活相談に対応

(1)町民課/0229-63-3112

(1)入籍して1年以内の新婚世帯の住宅取得費用や住宅賃借費用、引越費用(上限30万円)を補助

(1)まちづくり推進課/0229-43-2119

(1)出会い交流会の実施や結婚相談室を設置

(1)まちづくり推進課/0229-33-2180

(1)婚活イベントやセミナー等を開催

(1)企画課/0226-46-1371

メルマガ登録

サポート登録

イベント情報や支援情報など、最新の情報をメールでお知らせします!