みやぎ移住ガイド

news

移住体験オンラインツアー「《農ある暮らし》との新しい関わり方〜まずは体験からはじめてみる〜」


「土に触れる暮らし」「自然を感じる暮らし」を実現するために、まずは何ができるだろう?


土に触れる暮らし・自然を感じる暮らしに憧れても、
実際に移住まで踏み切ったり、生活環境を大きく変えたりするのは、一足飛びにはなかなか難しいものです。

身の回りにある自然と共生し、自分で食糧や道具などを手づくりしながら営む「田舎ならではの暮らし」を、これからの生活の中にも少しずつでも取り入れていけないだろうか。
そんな想いで、暮らしのなかで培われた“わざ”を「体験プログラム」として編集し表現している団体が栗原にあります。

団体を立ち上げたキーマンにお話を伺いながら、
「農ある暮らし」と関わっていく第一歩として、どんなことができるか、
一緒に考えていきませんか?
ゲストの方も交えたフリートークもありますので、疑問や不安などなんでも聞いてみましょう。


開催概要


【日時】
2020年10月8日(木) 19:00-


【主催】
一般社団法人はなやまネットワーク

【参加方法】
オンライン(Zoom)
①申し込み
Peatixで申し込み手続きを行ってください。
〆切:10/7(水)
定員:8組程度(ご家族等での参加も歓迎します!)
②Zoomの準備
Zoomを利用しますので、アプリをお持ちでない方は事前にダウンロードをお願いします(アカウント登録は不要です)。
パソコン、タブレット、スマートフォンで利用できます。
ダウンロードはこちら
③当日
前日(10月7日)に、当日の参加URLをお申し込みいただいたメールアドレスにお送りしますので、
開始時間(19:00)までに、メールで届いた参加URLに直接アクセスしてください。
※Wi-Fi環境下での参加をおすすめします。
※参加者把握のため、必ず申し込んだ氏名でのユーザー名の表示と、ビデオの表示をお願いいたします。
(設定の仕方はメールでもご案内しますので、初めての方もご安心ください!)

【参加費】
無料

【参加対象】
移住を検討されている方/里山暮らしに関心がある方

【内容】
〔プログラム〕
19:00〜 オープニング、花山地区のご紹介
19:10頃〜 第1部 ゲストトーク
田舎暮らしの"わざ"や"知恵"を取り入れながら、「農ある暮らし」を実現していくためにできることとは?
「体験プログラム」という切り口で様々な活動を行うキーマンに、お話を伺います。
19:50頃〜 第2部 実践者との座談会・個別相談
参加者の皆さんとゲストの方々とでフリートークできる時間を設けます。
(参加人数が増えた場合、少人数のグループに分けて実施する場合があります)
気になることをさらに掘り下げてみましょう。
*当日進行の都合で時間は変更になる場合があります。

〔ゲストスピーカー〕
大場寿樹(おおばひさき)さん
一般社団法人くりはらツーリズムネットワーク 業務執行理事・事務局長
宮城県栗原市出身・在住。1994年に築館町役場(現・栗原市役所)に入庁。「くりはら田園観光都市創造事業」を担当し、地域資源の調査研究や観光まちづくり体制整備等の業務に従事。2013年3月に退庁し4月からくりはらツーリズムネットワークに従事。2014年4月から現職。年間150回以上の観光・ツーリズム事業の企画・運営とPR・デザインを担当。自身もしめ縄などの藁文化、マガン観察、サイクリングなどの体験プログラムを実践している。


お申し込み


下記URLから参加登録をお願いします。
https://nocal1008.peatix.com/


お問合せ先


一般社団法人はなやまネットワーク
担当:澤畑(さわはた)
TEL : 0228-43-5111(月〜金 9:00〜17:00)
Mai l: furusato@ocn.piano.ne.jp

メルマガ登録

サポート登録

イベント情報や支援情報など、最新の情報をメールでお知らせします!