【レポート】12/18(日)開催 いいね!地方の暮らしフェア@東京

『いいね!地方の暮らしフェア』が開催されました!


 12月18日、東京国際フォーラムにて「日本創生のための将来世代応援知事同盟」(同盟県:岩手県・宮城県・福島県・長野県・三重県・滋賀県・鳥取県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・高知県・宮崎県)が主催する「第2回 いいね!地方の暮らしフェア」が開催されました。このフェアは、来場された方々にはもちろん、全国の若い世代に『地方暮らしの魅力』をPRし、地方への移住の促進を目指すため、13県が様々なコンテンツを用意した合同イベントです。



 オープニングセレモニーでは、メインステージにおいて各県キャラクターによるオープニングアクト、スペシャルサポーターであるAKB48チーム8による応援ライブが行われ、フェアが盛大にスタートしました。
その後もメインステージでは、宮崎宣子さんをMCに迎え「地方で暮らす・地方子育て」トークショーや結婚・婚活シンポジウムが開催され、スザンヌさんや筒井菜月さん(2017ミス・インターナショナル日本代表)、各県知事等によって地方暮らしの魅力のPRが行われました。なかでも、各県知事とアンバサダー、AKB48チーム8の各県代表による各県の魅力のPRポイントを聞いて、観覧者の投票によって「移住したい県No.1」を決めるスペシャル婚活イベントでは、フェアのメインイベントということもあり会場がおおいに盛り上がりました。



 移住相談ブースでは、登米市・栗原市・村田町・宮城県農村青少年クラブ(通称:4Hクラブ)・みやぎ移住サポートセンターがブースを出展し、直接、来場された方々に宮城の魅力をPRしました。AKB48チーム8宮城県代表の佐藤朱(さとうあかり)さんもブースに来てくれて、4Hクラブのトマトジュースを試飲し、その美味しさはもちろん宮城県のPRをしてくれました!



 各県特産品販売ブースへもフェア終了ギリギリまで絶え間なく来場者の方々が訪れており、イベントの楽しさや地方の魅力を感じながら様々な相談も行えることが、非常に印象的でした。
 宮城県ブースにも多くの方々にお越しいただき、誠にありがとうございました!



年明けもイベントを開催します!


 年明けの1月7日(土)には、東京交通会館(有楽町)で『宮城県・広島県共同移住フェア』が開催されます。パネルディスカッションでは、「地方で実現できた自分らしいライフスタイル」をテーマに、様々な分野で活躍中のパネリストの方々が登場。また、両県から参加する自治体・団体が、市町村・就職・企業・一次産業への就業・住まいなどに関する相談ブースを設置します。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

宮城県・広島県共同移住フェアの詳細はこちら

category: お知らせ   theme: レポート

メルマガ登録

サポート登録

イベント情報や支援情報など、最新の情報をメールでお知らせします!