移住定住の候補にも最適、東北の中心仙台市。

移住定住の候補にも最適、仙台市


宮城県にUターン、Iターンしようと思うと、生活拠点を仙台市に置くことを考える人も多いのではないでしょうか。人口は100万人を超え、東京から新幹線で最短1時間30分で到着する仙台市は、東北の中心としての役割を担っています。経済や生活はもちろん、文化、観光などさまざまな面で多くの人が注目する仙台。2010年には自動車専用道路の環状ネットワーク『ぐるっ都・仙台』が完成、さらに2013年には仙台北部道路が国道4号線に直結。仙台都市圏の東西交通網が強化されました。これからもどんどん便利になっていく仙台。今回は、東北の中心として栄える仙台の文化発信などを見ていきましょう。


仙台市の生活がますます便利に、地下鉄東西線


地下鉄東西線
荒井駅~八木山動物公園駅間を結ぶ仙台市地下鉄東西線が、2015年12月6日に開業しました。路線周辺には東北大学のキャンパス、仙台国際センター、2015年7月にオープンしたばかりの仙台うみの杜水族館、そして大型商業施設が多数。仙台の文化、経済、生活を支える動脈としての効果が期待されています。100万人都市の仙台は、ますます便利に生まれ変わります。


仙台市内から生まれる独自のカルチャー


仙台市には多くのファッションビルがあり、東京にあるブランドはほぼ仙台にもあります。それだけ流行に敏感な若者がたくさんいるということでもあります。ちなみち90年代に流行した“裏原系”と呼ばれるファッションは、東京の次に仙台に出店するブランドが多かったと言われるほどです。

せんだいメディアテーク

仙台メディアパーク

美術や映像文化の活動拠点としての機能、メディアを通じた自由な情報のやりとりができる公共施設『せんだいメディアテーク』。書籍に加えて、ビデオやDVD、CDなどの映像や音楽などを閲覧したりできるほか、展覧会やジャズなどのライヴ、アートイベントなどが開かれます。建築物としての評価も高く、海外からの旅行客も数多く訪れる場所になっています。

定禅寺ストリートジャズフェスティバルin仙台

1991年9月の初開催以来、多くの市民に愛されている『定禅寺ストリートジャズフェスティバルin仙台』。9月の第2日曜日と前日の土曜日の2日間開催されるこのイベントは、定禅寺通りをはじめ、ビルの入り口や商店街、公園などにステージが出現。仙台の街がお祭りムードに包まれます。有名ミュージシャンからアマチュアまで多くのグループが参加するこのイベントは観光客からも人気。仙台名物や世界の料理を味わうこともできるんですよ。

このように、仙台市にはファッションからイベントまで、楽しみがたくさんあります。東北の中心として発達してしてきただけに、東京とほとんど変わらない、でも独自のカルチャーを育んでいます。

category: 宮城のこと   theme: 仙台市 暮らし

メルマガ登録

サポート登録

イベント情報や支援情報など、最新の情報をメールでお知らせします!