みやぎ移住ガイド

仲間と一緒に農園でいい汗かいてます!/福井貴也さん

登米市東和町米川地区は、岩手県との県境に位置する山あいの地域。
田園や牧草地帯の風情が美しく、農業・林業・畜産業が盛んな場所です。
ここ米川の山あいにある「合同会社木漏れ日農園」で農園作業に汗をかく福井さんは札幌市のご出身。登米市に移住し、友人とともに農・林・畜の複合経営に励む福井貴也さんに、移住のきっかけや登米での暮らしぶりについてお話をお聞きしました。



きっかけは友人


福井さんが登米市に移り住むきっかけとなったのは、大学2年生の時に軽い気持ちで参加した震災復興イベントで、鎌田大地さん(現・合同会社木漏れ日農園代表)と出会ったことです。岩手県の大学で森林科学を専攻していた福井さんと、宮城県の大学で農業を学ぶ鎌田さんは意気投合、すぐに仲良くなったそうです。
大学を卒業し東京に就職した後も、長期の休みを利用して登米市で農業をしている鎌田さんのところを何度か訪れ、一緒に農作業をしてきました。



「ゆくゆくは東京ではなく、四季のバランスがよい東北地方の田舎で暮らしたい」と考えていた福井さんは、仕事で、全国の田舎を巡りながら将来暮らす場所を探していましたが、最終的には仲の良い鎌田さんがいる登米市に移住することを決めたそうです。



登米市の移住支援制度をフル活用


登米市に住むことを決めた福井さんは、どんなところなのかを知るため、登米市の「移住お試し住宅」を利用。4泊5日の滞在期間中に市内を巡り、「住むとどんな感じなのか生活環境を体験することができた」と話していました。




また、移住後の住まいも「登米市空き家情報バンク」を利用して探したところ、ちょうどいい物件を見つけることができた、市の移住支援制度をフルに活用したそうです。



山あいの広大な耕作地で野菜やハーブの多品種栽培


福井さんが鎌田さんと共に栽培する野菜やハーブは年間約90種類。それらは農薬や化学肥料を使わずに育てられています。
インタビューにお邪魔した私たちを、明るい笑顔で迎えてくれた福井さんは、さっそく栽培している作物について、一つ一つ丁寧に説明してくれました。




どの野菜も「味も香りも強く、その野菜本来の美味しさが味わえる」という福井さん。
その理由はこの場所の土壌にあると教えてくれました。
この地域は落葉樹が豊富な里山が多く、その山あいにある「木漏れ日農園」の畑の土壌には、長年の間に推積した落葉がもたらす養分豊富な腐葉土層があるのだそうです。



そんな里山の生態系の中で、すくすく育つ野菜を食べることで「自然のエネルギーを感じる」と福井さんはいいます。




里山の恵みを生かした”循環型農業”を取り入れ、生態系を守る


野菜やハーブの栽培のほか、有機自然卵や蜂蜜の生産も行っている「木漏れ日農園」では、
この地域の豊かな土壌を活かしながら、生態系を守る「循環型農業」取り入れています。
「この土地のもので野菜を育て、それで鶏を育て、そのフンをまた畑の飼料にする」と循環型農業を解りやすく説明する福井さん。



福井さんたちが循環型農業の一部として実践する「平飼い有機自然卵」の生産は、
とても美味しい卵を作り出す一方、手間もかかるのだとか。
以前には裏山からやってきたキツネたちに鶏が襲われ、半数ほどに数が減ってしまったこともあったそうです。



「とても美味しい卵ですよ。黄味と白身の張りが強くて、盛り上がりが凄いんです」と、嬉しそうに自分たちで育てた鶏が産んだ「平飼い有機自然卵」の美味しさを語る福井さんでした。




穏やかな生活ができる


そんな福井さんが、「合同会社木漏れ日農園」に就職したのは今年の4月。
登米市での暮らしの感想を伺ったところ、「東京で暮らしていたときは何かと日常的にストレスを感じることが多くありました。登米市に来てからはそのマイナスが全て解消され、穏やかに生活できていて、とても満足しています」と笑顔で語ってくれました。




休日には奥様と二人で登米の自然や観光名所を巡るのが楽しみだという福井さん。
お借りした写真は、朝の連続テレビ小説「おかえりモネ」の舞台として使用された「長沼ボート場クラブハウス」へ行ったときのものだそうです。



 「今後も畑を増やしていく予定で、耕作放棄地などもあるので少しずつ畑として拡大していきたいと思っています。地域の方々にご協力頂けて、とても心強いです。皆さんとてもよくしてくれます。」と福井さん。





「まだまだスタートしたばかりで、これから先のことはわからないところもありますが、農園の仕事は身体を動かすことが多い仕事で、身体を動かすのも嫌いじゃない。むしろ仕事としてのやりがいもあり、組織に対するストレスもなく、登米市にきてよかったと思います」と穏やかな表情で語ってくれました。


福井さんの登米市での暮らしの様子はこちらからもご覧いただけます。
ぜひ覗いて見てください。

合同会社木漏れ日農園オフィシャルホームページ(https://komorebinouen.com/
木漏れ日農園Facebookページ(https://www.facebook.com/komorebinouen/



(2021.10)

メルマガ登録

サポート登録

イベント情報や支援情報など、最新の情報をメールでお知らせします!