いろいろな可能性を感じるまち。一緒に成長していきたい/佐藤大輔さん

移住のきっかけは育児


「利府町はこれからどんどんおもしろくなると思いますよ」と話すのは、宮城県中部に位置する宮城郡利府町で、まちおこし支援協力会「りふくる」の中心メンバーとして活動している佐藤大輔さん。


利府町は、梨の生産やカキの養殖でも知られる田舎町ですが、幹線道路に大型商業施設が立ち並び、仙台の通勤圏として新興住宅地も広がる、さまざまな表情を持った町。
「りふくる」は、そんな「利府町をもっとおもしろく」コンセプトに、まちあるきツアーやまちの良さを語ってもらう会議を動画配信するなどの活動をしています。


佐藤さんが東京から奥様の実家のある利府町に移住してきたのは2016年のこと。移住のきっかけは、家族全員が罹ったインフルエンザでした。「自営で仕事をしながら、結婚して子どももでき、ずっと東京で暮らしていくと思っていました。あるとき、家族全員がインフルエンザに罹って動くのも辛い状態に。こういうとき、地元なら助けてくれる人がいるのに…と、初めて暮らしの場を考えたんです。親だけでなく“地域”で子どもを育てていくような田舎に住みたいと思いました。自分も福島の田舎で育ち、家族だけでなく地域に育ててもらったと感じていたんです」


加えて、「地方に住むなら、ITのスキルやネットの知識を生かして、何か地域で役に立つこと、喜んでもらえることをやりたいと思いました」と話します。以前、コミュニティーデザイナー・山﨑亮さんの講演を聞き、地域の課題を地域の人が解決するコミュニティデザインの考え方に共感。地方の課題解決とIT技術は相性がいいはずと、自分のスキルを生かしたまちづくりに興味を持っていたそうです。仕事も仙台市内の会社に転職を決めましたが、幸い就職先も地域活動に理解のある懐の深い会社でした。「利府町は、子育てのサポートが厚く子育て世代にやさしいのもポイントでした。今は奥さんの実家から歩いてすぐの距離に住み、食卓にはお義母さんの作ったおかずが必ず一品並んでいる、という理想の暮らしです」


 

住んで良かったと思える出会い


移住後、佐藤さんはネットでJR利府駅前にある「利府町まち・ひと・しごと想像ステーションtsumiki」の存在を知ります。地方創生に向けて「ワクワク感のある」まちづくりをすすめる利府町が2016年秋に設置、誰でもイベントやワークスペースとして利用でき、また起業・創業の相談なども行っています。利府町に知り合いがいなかった佐藤さんも、ここで、ほかの利用者たちとともにまちづくりに関われる機会を得ることができました。「りふくる」は、2017年夏にtsumikiの利用者たちと共に「もっとまちを盛り上げたい」と立ち上げました。



今は定期的に集まって互いに意見を出し、話し合いを重ねている段階。佐藤さんの構想のひとつは、カブトムシがどこで取れるのかが分かるまちのマップを、ITを使って作るというもの。利府の豊かな自然の中で、子どもたちにたくさん遊んで欲しい。父親としての目線が生きた提案です。


「まちづくりは役所だけでがんばるものではなく、町民をどれだけ巻き込めるかが大事だと思うのですが、利府町役場の担当者は人と人をつなげてくれたり、アイデアを形にする手伝いをしてくれたりと、その辺がすごくうまい。旗振り役で引っ張ってくれる役場の方の存在が大きいと感じています。利府に住んで良かったと思えるほど、今、tsumikiとの関わりが楽しい」


 

未来へ大きく動いている可能性のある町


今、「利府町に来たらやってみたいと思っていたことがどんどん形になっている」そうで、2018年4月に開催された「利府街道まつり」では実行委員として、初めての試みとなる「前夜祭」の企画から携わりました。そこでは佐藤さんが移住当初から思い描いていた構想のひとつ、子どもたちの憧れの職業「YouTuber体験教室」を開催。動画投稿サイト「YouTube」のチャンネルの立ち上げ方からアプリを使った動画作成の講座は、行列ができるほど好評を博しました。


「まちづくりに関わるのはおもしろい。移住を考えているなら利府も視野に入れてみては?その際はぜひtsumikiを目指してください」と佐藤さん。今後、町の大きなイベントとして、東京五輪2020のサッカーの予選が開催され、また、図書館が併設する新しいコミュニティーセンターや東北最大級の大型商業施設も建設中。より一層暮らしやすいまちへ大きく動いています。


佐藤さんの「りふくる」での肩書は「インキュベーター」。わくわくすること、おもしろいことの「火付け役」という意味で名付けました。佐藤さんは利府町に可能性を感じ、いろいろなチャンスがあると確信しています。「子どもを地域に育ててもらおう、と思っておりましたが、自分が一番利府町に育ててもらっています(笑い) 利府町は、まだまだおもしろくなりますよ」 佐藤さんのような熱い思いを持った人たちが生き生きと活動する「りふくる」も今後の利府町も楽しみですね。


インタビューした人:佐藤大輔さん
category: 移住者インタビュー   theme: 利府町

メルマガ登録

サポート登録

イベント情報や支援情報など、最新の情報をメールでお知らせします!