<町の移住担当者に聞く>「誰かのために」という想いを行動に変えていく/涌谷町 櫻田陽平さん

涌谷町ってこんなトコ


wakuya04

宮城県北部の遠田郡に位置し、日本で初めて金が産出された場所・涌谷(わくや)町は、奈良時代に東大寺の東大寺盧舎那仏像建立時に金を献上したという歴史ある町です。町の中央にぽつんと箟岳山(ののだけ山)がそびえ、北上川水系の本流、支流と豊富な水源と平野が広がり、豊かな大地では稲作、近年は小ネギの生産にも力を入れており「仙台小ねぎ」として涌谷町の特産の一つになっています。

江合川沿いにある城山公園には涌谷城(町立史料館)があり、豊かな町のくらしを象徴するかのようです。春には川沿いに桜が咲き乱れ、お城を一層引立てます。そんな涌谷町のくらしを、涌谷町まちづくり推進課の櫻田さんにお伺いしました。



涌谷町へIターンで移住して、役場職員に


wakuya05

町のロゴとイメージキャラクターが施された紫色のポロシャツで登場した櫻田さんは穏やかな雰囲気。そんな櫻田さんも「県内で輓馬大会が行われているのは涌谷だけなんです!」と輓馬の話には熱が入ります。4月、満開の桜と城を背に、江合川河川敷の特設会場で開催される東北輓馬競技大会は、県内外からの観光客が集います。馬が荷重を牽き、障害を乗り越えるシーンは会場中が湧き上がるのだとか。
櫻田さんは神奈川出身、お母様のご実家が涌谷町でした。以前の職場は新宿で、転職をする際に「のんびりとしたところがいいな」と思っていたそうです。そこへお母様から「今、涌谷町で職員の募集をしているよ」というひと言。

涌谷町のご実家に跡継ぎがいなかったお母様は、櫻田さんに実家を頼みたいという提案をします。子どもの頃、夏休みなどに祖父母に会いに涌谷町へは何度か訪れたことがありました。当時に受けた印象が「のんびり」に近いものだったのでしょう。「次男だったし、ごちゃごちゃした所ではなく、田舎暮らしもいいかなあと思って…」と涌谷町への移住を決めました。

 

「わくや」ぐらしで得たもの


wakuya03

採用試験も難なく合格。役場職員として、現在は涌谷町のためにと多忙な日々を送っています。櫻田さんのお仕事はまちづくり推進課の「商工観光班」。商工業の振興、企業誘致、観光PR、特産品の紹介、お祭り関係…と涌谷町の特徴、歴史・文化を外の人向けに発信する機会の多い部署です。仕事柄、地域のことを知らなければ勤まりません。なるほど、移住して2年経たない櫻田さんが涌谷町に詳しいことに納得です。楽しそうに『「わくや」は〜』と町のことを話す櫻田さんからは、短期間とは思えない程の町への愛着が感じられます。

これまでも子どもの頃から今後の社会問題として耳にしてきた「少子高齢化社会」というワードは、櫻田さんの関心事の一つにありました。しかし、神奈川にいる頃には現実味が無かったことで、涌谷町に来て現実問題として体験をしています。「町のお手伝いがしたい」と、櫻田さん。ここでは、若いことも一つの強みです。『「わくや」』を盛りあげていきたい」と続けます。

働く=傍を楽にするという考え方があります。周囲を楽にする、喜んで貰うという意味で、櫻田さんは「涌谷町でくらすこと」が働き甲斐にもなっているようです。
お母様のご実家ということもあり、「あそこの若いお孫さん/息子さんが移住して来た!」と「漬物つけたから持って来た〜」というのもよくあること。「みなさん移住して来たことを知っているので、気にかけてくださいます」おじいちゃん、おばあちゃん、年長者にかわいがられるタイプの櫻田さんです。玄関先、縁側でお茶を飲んでいる姿が目に浮かびます。ご近所中の孫代わりを務める櫻田さん、ご近所の方々にとっても櫻田さんの存在が良い刺激となっているに違いありません。

都会育ちの櫻田さんですが、特に不便は感じておらず、言葉の壁がちょっとあるくらいだそう。パズルのピースがぴったりはまるように、櫻田さんは涌谷町が居心地のよい場所となっています。周囲との距離感が近い「密な感じ」のする涌谷町ぐらしを楽しんでいます。

wakuya06

涌谷町の良い所を尋ねてみると「子どもたちが元気」とのこと。「町中で会うと大きな声で挨拶をしてくれるんです」と微笑むと一層人の良さが浮かぶ櫻田さん。町には風通し良い、のどかな時間が流れています。役場の正面の建物には古き良き昭和の時代を感じさせる喫茶店がこの町特有の時間の流れを象徴しているかのようでした。

櫻田さんは心の中にある「誰かのために」という想いを少しずつ、形にしていきます。ゆっくりと「わくや時間」で櫻田さんはこれから涌谷町に新しい風を送り込みます。「顔の見える距離」で住民のしあわせを考える涌谷町のまちづくりは、これからが本番です。

インタビューした人:櫻田陽平さん
category: 移住ことはじめ   theme: 働く 涌谷町

メルマガ登録

イベント情報や支援情報など、最新の情報をメールでお知らせします!