イベント情報

「宮城県・広島県共同移住フェア」開催のお知らせ

宮城県・広島県共同移住フェアのお知らせ


「地方」ってどこだ? 移住を考える人に知ってほしい「地方」のはなし

宮城広島移住会議

人口100万人以上の政令指定都市を擁し、
それぞれの地方ブロックで中枢拠点性を有する宮城県と広島県。
首都東京を中心とした首都圏との違いは何なのか?

この違いを説明できる人は多くありません。
規模や機能だけでは比較できないもの、人を惹きつけるもの、それは何なのか?
いま、そうした移住先はどうなっているのか?
移住をお考えのみなさんの気付き、疑問の解消の一助になればと願っています。



宮城県・広島県共同移住フェア開催概要


日時:12/20(日) 11:00-16:00
場所:東京交通会館カトレアサロン
住所:東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館12階

≪プログラム≫

トークセッション「東京から東へ、西へ。」13:00-15:00

日本を変えていく、新しい流れ。
若い世代を中心に、暮らす場所、働く場所として、宮城県や広島県といった地方への移住が大きな流れになるなか、「東京で暮らす人びとの空気感」を知る和田德之さん、石巻で新たな人の流れを生むために「Reborn-Art Festival」の開催を目指す河合恵里さん、「よそ者」の視点を大切にしながら地域のために活躍する気仙沼在住の加藤拓馬さん、そして瀬戸内の島で、新たな「産業」を次々と興している井上明さんに地方への流れは本物なのか、地方で何が起きているのか、ズバリお話を伺います。

※トークイベントの定員は150名となっています。

コーディネーター
○ 小西威史さん 月刊ソトコト副編集長
神戸市出身。神戸新聞社社会部記者などを経て、編集プロダクション「トド・プレス」に入社し、月間ソトコト編集部に所属。「環境」を軸に、日本の地方で起きている価値観の変化や、これからの新しい暮らし方、働き方などを取材し、発信している。

パネリスト
○ 河合恵理さん (一社)ap bank 復興支援専任スタッフ
東京都出身、宮城県石巻市に移住 2017年開催予定の「Reborn-Art Festival」の事務局として準備を行う傍ら、地域活性化を促し、外部から新しい人の流れをつくろうとしている。

○ 加藤拓馬さん(一社)まるオフィス代表理事
兵庫県出身、宮城県気仙沼市に移住 移住者を含む20~30代が集まり、お試し移住やシェアハウスの紹介など、移住者を受け入れる仕組みを作っている。

○ 井上明さん 合同会社よーそろ代表執行役員
九州でのサラリーマン生活の後、広島県呉市に移住塾を経営しながら、島嶼部に通い、江戸時代の船宿を改修したカフェを拠点に、地域の方々と移住の受け皿づくりに取り組んでいる。

○ 和田德之さん ㈱和大地代表取締役
広島県出身、東京在住 自然教育・日本文化を活性化させるビジネスを展開するとともに、広島県の企業との連携を深めつつ、在京の若手広島出身者を盛り上げる活動「nextひろしま」を主宰。



移住に役立つブースやイベントも同時開催!


地域紹介・相談ブース 11:00-16:00

宮城県 気仙沼市雇用創造協議会、栗原市、宮城おおさき移住支援センター、七ヶ宿町、丸森町、加美町、ap bank、まるオフィス、ISHINOMAKI2.0
広島県 呉市、竹原市、三原市、福山市、府中市、三次市、庄原市、廿日市市、安芸高田市、江田島市、安芸太田町、北広島町、大崎上島町、世羅町、呉市御手洗(みたらい)地区、nextひろしま

紹介ブース 11:00-16:00

就職 UIターン就職に関するご相談に個別に応じます。
予約優先
【広島県】082-212-1112 ㈱キャリアプランニング
【宮城県】03-6734-1344 みやぎ移住サポートセンター

セミナー 11:00-13:00
市町の魅力PR
就職の基礎講座
就農の支援策PR
起業支援策のPR

会場にはkidsコーナーを設置していますのでご利用ください。

当日参加も可能です。是非、ご参加ください!





日時
2015/12/20(日)
11:00〜
場所
東京都
東京交通会館
開催終了
参加費
無料
会場へのアクセス

JR山手線・京浜東北線 有楽町駅(京橋口・中央口(銀座側)) 徒歩1分

地下鉄有楽町線 有楽町駅〔D8〕 徒歩1分

地下鉄有楽町線 銀座一丁目駅〔2〕 徒歩1分

東京交通会館

〒100-0006

東京都千代田区有楽町二丁目10番1号