みやぎ移住ガイド

高清水養豚組合とは

 高清水養豚組合は、宮城県栗原市で養豚を営む会社です。4000頭の豚を飼育管理をしています。従業員の半数が20~30代で、40~50代の従業員も在籍しており、チームワークが抜群の職場です。国内飼料の自給率アップと、地域環境負荷の低減を目標に、従業員全員で取り組んでいます。

エコフィードとは

 エコフィードとは、(社)配合飼料供給安定機構による造語で、「国内で発生した食品製造副産物、加工屑、余剰食品、調理残し及び食べ残し食品を一定程原料とするリサイクル飼料」のことです。その利点は、国内で大量に廃棄処分されている食品を、飼料自給率アップのために利用し、地球環境問題にも対応しようとする取組みで、未来志向型事業です。
 高清水養豚組合では、将来の畜産経営を考え、平成20年に農水省「農業・食品産業競争力強化支援事業(未来志向型技術革新対策事業」の補助を受け、エコフィード施設を設置し、新たな取組みをスタートさせました。

概要

養豚一貫経営

名称 農事組合法人高清水養豚組合
所在地 〒9872111
宮城県 栗原市 高清水影ノ沢38-149
電話番号 0228-58-2803
エリア 栗原市
業種 農林漁業
設立年 1972-01-01
資本金 20,000,000円
年商 -

【地域おこし協力隊募集中】海藻の可能性に挑む!マツモで実現するサステナブルな社会~試食付き~

【地域おこし協力隊募集中】海藻の可能性に挑む!マツモで実現するサステナブルな社会~試食付き~

メルマガ登録

サポート登録

イベント情報や支援情報など、最新の情報をメールでお知らせします!