みやぎ移住ガイド

七ツ森の木の家ができるまで

大東住宅は、1981年創業の地元宮城の住宅会社です。ログハウスや充填断熱の木造軸組工法などを手掛けてきましたが、1995年より『外断熱・二重通気工法 ソーラーサーキットの家』を採用し、高性能な住宅建設に取り組んできました。この度、地元の工務店として、地域に必要とされ、地域の皆様が健康に暮らし、地域の環境や経済に貢献する為、これまでの家造りを基礎に地元宮城の木を使った新たなブランド『NANATUMORI』を立ち上げました。時代は大きく変わり、現代に生きる私たちは、地球環境を重視した生き方が求められています。昨今、温暖化による気候変動がもたらす台風や洪水などの自然災害が頻発しています。森林は、二酸化炭素を吸収し、清らかな水を供給し、動植物の生態系を維持するとともに、洪水や土砂災害から私たちの暮らしと命を守る唯一循環可能な資源です。そして、地元の木を使って家を造るということは、製造時や輸送時におけるCO2の排出を大幅に削減し、CO2の固定化にもおおきく寄与します。さらに、衰退する林業や製材業の活力となり、地域経済にも貢献を果たすことができるのです。

地元の山の木を使った家づくり

大東住宅が手掛けるのは、地元宮城七ツ森から伐りだした木を使った家づくり。何代にも渡り、森を守り続けてきた人々が大切に管理し育ててきた木を使い、強く、優しく、あたたかく家族を守る家をつくります。天然乾燥させた美しく香りたかい木々でつくった家は、現代の住宅性能評価基準を満たす、高品質な住宅です。七ツ森は、奥羽山脈の東方松島丘陵上にある七つの山の総称です。標高500mの笹倉山を筆頭に、300m余の山々が、周囲の仙台平野の各地から見ることができます。この七ツ森の木材を使い、人と建物も守る「七ツ森の木の家」は、豊かな自然を後世に残し、子供達の明るい未来を守るサスティナブルな社会を形成します。

従業員の声(3年目/男性)

幅広い年齢の方がいて、社内はアットホームな雰囲気です。わからないことは親切丁寧に教えてくれる先輩方がいて安心して働け、チャレンジする事にも応援してくれます。

概要

弊社は、昭和56年の創業以来「いつまでも強く・いつまでも快適に」をコンセプトに、住む人の建物と健康を守り、50年後も次所世代に引き継げる長寿命の家づくりに取り組んでいる地元の住宅会社です。若手からベテランまで幅広い年齢層がおり、女性も数多く活躍しています。

名称 大東住宅株式会社
所在地 〒9830821
宮城県 仙台市宮城野区 岩切三所南121-1
電話番号 022-352-9207
エリア 仙台市宮城野区
業種 建設業
設立年 1981-03-01
資本金 30,000,000円
年商 1,398百万円

第4回東北U・Iターン大相談会【宮城県出展】

第4回東北U・Iターン大相談会【宮城県出展】

メルマガ登録

サポート登録

イベント情報や支援情報など、最新の情報をメールでお知らせします!