みやぎ移住ガイド

最初に感じたこと

丁寧に手入れが行き届いていた里山の森林や田畑。いつしか資本主義経済に組み込まれ、価値が低いもの、利益を生まないものとして放置されるがままになっていました。荒れ放題の森林、耕作放棄地、そして空き家の問題。これらが複合的に組み合わさり、里山の魅力を蚕食していた時期に、私は「地域おこし協力隊」として花山に赴任したのです。平成20年6月14日も「岩手・宮城内陸地震」、そして平成23年3月11日の「東日本大震災」。二度の大規模災害に見舞われ、人口流出が加速していた時期でしたが、私はそれでも花山地区に非常な可能性を感じたのです。都市部にはない強み、それは、エネルギーも食料も時給自足が可能という点でした。利益を生まないが食べていくことはできる。命を繋いでいくことができる。震災のとき、スーパーにもコンビニエンスストアにも食料が消え、貨幣が役に立たないことを痛感した私にとって、湧き水があり、米や野菜を生産する地域の方々の強さに可能性を見出したのです。平成27年3月11日、太陽光発電の保守・管理を主たる業務とした(株)花山サンゼットは産声を上げました。

6次化の取り組み

栗原は豊富な農産品を産出しています。弊社はそこに着目し、様々な6次化の取り組みを進めています。代表的なものとして「イワナの押し鮨」が挙げられます。栗原市は我が国で初めてイワナの養殖に成功した地域。栗駒山麓から湧出する清水がイワナの養殖に適しており、6次化の研究に取り組んだ結果生まれた商品です。お陰様で売れ行きも好評です。この他にも多種多様な農林資源が栗原にはありますが、6次化にまで至っていないのが現状です。今後弊社は生産者様と連携しさらに6次化を推進することで農産品の高付加価値化を目指します。

目指すべき姿

豊かな自然環境に恵まれた栗原市は、子育てをするのにちょうどよい地域です。働くだけではなく、子育てを大事にしたい、と考えている方には相応しい場所である、と元保育士である私が自信をもってお勧めできます。オンラインでできることが増え、必ずしも都市部に依拠しなくても生活が成り立つようになった今、栗原で働き、そして子育てを楽しんでみませんか?

花湯湧人(はなゆゆうじん)

日本秘湯の会にも選ばれ、全国の秘湯ファンはもちろん、江戸時代から続いた花山を代表するランドマークでもあった佐藤旅館。岩手・宮城内陸地震からちょうど10年目の節目に、その復興再生プロジェクトを始動することとなりました。◆従来の秘湯ファンはもちろん、多くの世代を超えた交流の場として ◆コワーキング機能を有し、起業支援や花山への定住促進 ◆温故知新を大切にしながら、愛される町づくりの支援の一環として 【花湯湧人】(はなゆゆうじん)と題し花山の湯がふたたび湧き、人も多く訪れるまた来たくなるそんな願いを込めて佐藤旅館の復興に取り組んでまいります。

従業員の声(4年目/女性)

ヨガ事業を担当しています。以前は都内でヨガインストラクターとして勤務していました。移住した後に子育て支援センターで私の経歴を話したところ、先生方より「ヨガをやってみたい!」という声が多数あり、お試しで教室を開催したところ好評で、それが口コミで広まり、今では市内一円で教室を開催しています。都市部で求められているものは地方でも求められているんだな、と思い、始めてよかったな、と嬉しく思っています。

当社が考える地方創生とは

当社が考える地方創生とは、こんなことです。●地域資源が輝きを取り戻し、人の手が加わることにより新たな魅力を生み出すこと ●首都圏から適正な人口が地方圏に移住し、結果として首都圏の諸問題(保育所や特別養護老人ホーム待機者が減少すること)が解決すること ●特に東北の有効求人倍率が高いことから、移住を含めたIJUターンが定着し、人口の還流が生まれること ●地域住民と移住者が交流を深め、新たな地域づくりに取り組み、一人ひとりが主役となり得ること

概要

太陽光発電保守・管理から始まり、飲食店の運営、農産物の6次化、ヨガ事業、地方創生事業や保育教育事業に取り組む、栗原市花山を拠点とした地域商社です。

名称 株式会社花山サンゼット
所在地 〒9872511
宮城県 栗原市 花山字本沢北ノ前60-1
電話番号 0228-24-8797
エリア 栗原市
業種 宿泊業
設立年 2015-03-11
資本金 10,000円
年商 28百万円

アスパラ畑と繋がるオンラインツアー

アスパラ畑と繋がるオンラインツアー

メルマガ登録

サポート登録

イベント情報や支援情報など、最新の情報をメールでお知らせします!