市民の"HOPE(希望)"を実現… 行政とのパートナーシップで「Build Back Better」のまちづくりに取り組んでいます。

一般社団法人東松島みらいとし機構(略称:HOPE)は、東松島市復興まちづくり計画におけるリーディングプロジェクトの事業化を促進するとともに、持続可能な「環境未来都市」構想を推進するために設立された中間支援組織です。単なる復旧に留まらない課題解決型の復興を進めるためには、行政だけでなく民間企業や大学、NPOなどの機関が有する経営資源や知見を投入することが有効です。様々なステークホルダーが対話を重ね、解決手段を導き出すことによって、これまでに多くのベストプラクティスが東松島市の現場から誕生しました。  震災前よりもさらに良い東松島市をつくることを目指して、私たちは下記のようなプロジェクトに取り組んでいます。

【地域新電力事業】
持続可能なまちづくりや地域課題の解決のために、エネルギー事業の収益を地域に再投資する仕組みを構築しています。エネルギーの地産地消に取り組むことは、地域雇用の創出や防災機能の強化、そして低炭素な社会の実現に繋がります。

【ふるさと納税推進事業】
東松島市へのふるさと納税を拡大させるため、WEBサイトの充実を図り、地域の方々と連携しながら返礼品の企画開発に取り組んでいます。寄附金が多く集まることで、豊かなまちづくりのための施策に予算を充当することができます。

【パークゴルフ場運営事業】
市民の健康増進とコミュニティ形成に寄与するため、パークゴルフ場の運営を指定管理者制度により行っています。宮城県内でも最大級の広さを誇るコースが特徴で、市内外から多くの利用者が訪れ、市の交流人口拡大にも貢献しています。

【定住促進(婚活)事業】
「住みやすい」「定住したい」と思えるまちづくりを目指し、地域のニーズと課題に即した施策を検討。婚活イベントやセミナーを企画しています。

【希望の大麦プロジェクト】
大手飲料メーカーとの協働により、津波で被災した土地の有効活用策として大麦の栽培を行い、クラフトビールなどの新たな特産品を開発。被災地に「なりわい」と「にぎわい」を取り戻すことが目的のプロジェクトです。



◆あの日を忘れず ともに未来へ 東松島一新

東松島市は仙台駅から電車で約40分の好アクセス。全国的に人気の「ブルーインパルス」の拠点、航空自衛隊松島基地もあり、航空祭では約5万人ものファンで賑わいます。 日本三景・松島の東端に位置し、風光明媚な景観、特産品の海苔や牡蠣をはじめとした新鮮な海産物など、魅力がいっぱいのまちです。 東松島市のまちづくり、ソーシャルビジネス、SDGsに関心がある方など、ぜひお問合せ下さい!

企業・団体・自治体概要

◆事業内容 1:安全で魅力あるまちづくりに関する事業
2:地域産業の持続及び再生に関する事業
3:地域コミュニティの再興に関する事業
4:分散型地域エネルギー自立都市に関する事業
5:ソーシャル・ビジネスにかかる人材育成に関する事業
6:その他上記目的を達成するために必要な事業

企業・団体・
自治体名
一般社団法人東松島みらいとし機構
所在地 〒9810504
宮城県 東松島市 小松字中浮足156-1
電話番号
業種 その他
設立年 -
資本金 -
年商 -

南三陸町めぐる オーダーメイド視察プラン

南三陸町めぐる オーダーメイド視察プラン

2020年2月8日(土)みやぎ合同企業説明会&NIGHT

2020年2月8日(土)みやぎ合同企業説明会&NIGHT

宮城・山形若者未来創造フォーラム

宮城・山形若者未来創造フォーラム

第7回みやぎ移住フェア みやぎ暮らしの魅力再入門

第7回みやぎ移住フェア みやぎ暮らしの魅力再入門

メルマガ登録

サポート登録

イベント情報や支援情報など、最新の情報をメールでお知らせします!