みやぎ移住ガイド

泰光水産は

泰光水産は荒浜漁港所属の刺網漁の漁船です。刺網漁とは、魚の通り道に帯状の網を仕掛け、その網に魚を絡めて取る漁法です。刺さった様になることから「刺網」と呼ばれます。上に”浮き”、下に”重り”をつけて、垂直に網を張ります。刺網の歴史は古く、網の中では最も構造が簡単です。対象魚種は、タイ、ヒラメ、カレイ等です。夜間に網を仕掛け、早朝、網を引き揚げます。

荒浜の漁業を伝えていきたい

自然の恵み!海の恵み!今日も大漁を期待して、今朝入れた網を目指して夜中の出航。荒浜の魚は活きが良い。水温、酸素、準備万端?手早く活魚を網から魚倉(かめ)へ。渡り蟹は足が取れない様に、噛まない様に、ゴムをかける。時間をかけずに鮮度良く早朝帰港し市場の生簀(タンク)に移す。魚も蟹もスイスイ泳ぐ。傷や鮮度を確かめながら競りにかける。荒浜から東京、阪神、仙台だけでなく活魚のまま各市場へ届けられる。競りに間に合うよう、鮮度を保つよう時間との勝負。重労働で時化で大変な時もあるけど、タンクいっぱい魚が泳ぐと疲れも吹っ飛ぶ。「漁師の明日」獲れない時も明日を信じ、海に、自然に感謝しながら頑張るぞ!!

うまい魚を食べてもらいたい

荒浜には、特産品がたくさん。苺、リンゴ、海苔そして伊達政宗公が堪能した”はらこ飯”。荒浜港には一年中多種多様な魚が水揚げされる。白魚、ほっき貝、しらす、赤貝、鮭、一番手はヒラメ、渡り蟹(ガザミ)、鯛、スズキ、タコ、カレイ(多種)、ホウボウ、コチ、etc数えきれない。東日本大震災の津波で船の数も若い乗組員も減った。人も少なくなったけど代々伝わるはらこ飯、ほっき飯、アンコウの友和え、蟹味噌、シャコ味噌、舌ヒラメのすり身、一夜干しの魚、ばった(なめろう、たたき)雑魚の天ぷら、唐揚げetc作業後料理談義に華が咲く。最後は「新鮮な魚だからなにをしてもおいしいよねー!」「さぁ、包丁研いで捌くか~」で腰をあげる。

概要

名称 合同会社泰光水産
所在地 〒9892351
宮城県 亘理郡亘理町 字東郷112-2
電話番号 0223-23-1406
エリア 亘理郡亘理町
業種 農林漁業
設立年 2017-07-03
資本金 3,000,000円
年商 40百万円

募集中の求人情報

第4回東北U・Iターン大相談会【宮城県出展】

第4回東北U・Iターン大相談会【宮城県出展】

「おいでや!いなか暮らしフェア2021」【宮城県オンライン出展】

「おいでや!いなか暮らしフェア2021」【宮城県オンライン出展】

メルマガ登録

サポート登録

イベント情報や支援情報など、最新の情報をメールでお知らせします!