緑と人をはぐくむ里

川崎町

雄大な蔵王連峰の東に位置する自然豊かな町であるため、蔵王国定公園などの大自然や多くの一級河川と釜房湖を有し、「緑と人を育む里」「水源郷川崎町」などの愛称で親しまれている。また、温泉郷、国営公園、スキー場などの有名な観光地もあり、年間約100万人近くの観光客が訪れる。地勢は山間盆地であるが、平均気温が約10度と東北地方では比較的温暖な地域であり、高速道路と国道を有し、仙台市と山形市の大都市の中間にある。

釜房湖と蔵王連峰

水源郷川崎町の代名詞である釜房湖と雄大な蔵王連峰の共演

国営みちのく杜の湖畔公園

年間70万人以上の観光客が訪れる、みちのくの憩いの空間

支倉常長まつり

毎年6月に行われる、郷土の偉人を称えるまつり

移住に向けた支援制度

川崎町では移住に向けたさまざまな支援を実施中です!

空き家情報

住宅取得支援

リフォーム支援

家賃補助

医療費助成

出産支援

子育て支援

就学支援

起業支援

就農支援

その他

交通アクセス

鉄道がないため、公共交通機関は宮城交通の一般路線と高速バスになる。また、民間会社の高速バスも川崎町と仙台市間を運行している。町内では、町民バスを運行しているため、町内全域に行くことできる。主な移動手段は車になるが、国道及び山形自動車道があるため、交通アクセスは抜群である。

生活情報

通信情報

全域

一部

光回線

 

 

ADSL

 

 

ISDN

 

 

CATV

 

 

新着情報

メルマガ登録

イベント情報や支援情報など、最新の情報をメールでお知らせします!