「認めあい・支えあい・活かしあう」開かれた先進のまち、おおがわら

大河原町

大河原町は、古来奥州街道の宿場町として栄え、現在も多くの商業施設や国県の出先機関が集中するなど、県南の交通・商業・行政の中心となっています。こうした生活の拠点性だけでなく、美しい景観も魅力です。町の真中を流れる白石川の両岸には、毎年春にソメイヨシノが咲き誇ります。残雪の蔵王連峰を背景とした大河原の「一目千本桜」は他とは一味違う光景です。ぜひ一度桜のトンネル散歩をお楽しみください。

おおがわら花火大会

半世紀以上の歴史を誇る「おおがわら花火大会」

町鳥「白鳥」

まちに冬の到来を告げる使者「白鳥」

一目千本桜

残雪の蔵王連峰を背景とした〈一目千本桜〉はまちのシンボル

移住に向けた支援制度

大河原町では移住に向けたさまざまな支援を実施中です!

医療費助成

出産支援

子育て支援

起業支援

交通アクセス

通勤・通学者が多い仙台市へは電車(JR東北本線)で35分ほど、自動車でも国道4号使用の場合1時間程度で到達できます。高速道路は東北道村田及び白石I.C.まで車で各15分程度と、周囲の行楽地等へのアクセスも容易です。デマンド型乗合タクシーも運行しており、交通生活上の利便性が高い町です。

生活情報

通信情報

全域

一部

光回線

 

 

ADSL

 

 

ISDN

 

 

CATV

 

 

新着情報

メルマガ登録

イベント情報や支援情報など、最新の情報をメールでお知らせします!