四季折々の美しい風景がある「ほどよい田舎」、加美町

加美町

加美町は、宮城県の北西部に位置し、自然的・地理的条件から農業を基盤産業として発展しており、四季折々の自然の変化が満喫できる「美しいまち」です。加美富士と呼ばれる「薬萊山」の周辺施設には、年間58万人を超える観光客が訪れ、賑わいを見せています。「中新田バッハホール」・「やくらい文化センター」を中心に音楽のまちづくりが行われており、現在町では、移住定住の促進、エネルギー自給への挑戦、観光の振興、農業の振興の4つの分野に力を注いでおります。

薬萊山

加美富士と呼ばれる加美町のシンボル

中新田バッハホール

国内有数の音響を誇る室内楽ホール

陶芸の里

江戸時代の切込焼窯跡を背景にした作品展示・体験施設

移住に向けた支援制度

加美町では移住に向けたさまざまな支援を実施中です!

空き家情報

住宅取得支援

リフォーム支援

医療費助成

出産支援

子育て支援

就学支援

起業支援

その他

交通アクセス

道路は、町内を国道347号、457号がクロスし、高速道路(東北自動車道)古川I.Cまでは約8㎞車で15分、三本木スマーI.Cへは約11㎞車で20分です。町内には鉄道網が敷かれていないため、最寄りの駅は、隣町の古川駅になり、古川駅までは約8㎞車で20分、東北新幹線古川駅から仙台までは約13分、仙台~東京間は最短で約1時間20分です。生活上、自家用車の必要性が高い地域です。

生活情報

通信情報

全域

一部

光回線

 

 

ADSL

 

 

ISDN

 

 

CATV

 

 

メルマガ登録

イベント情報や支援情報など、最新の情報をメールでお知らせします!