MIYAGI

AREA

市町村情報

最終更新日:2023年01月18日

富谷市

「住みたくなるまち日本一」を目指して

【お問い合わせ】

企画部企画政策課地域経営担当

電話:022-358-0517
mail:kikakuseisaku@tomiya-city.miyagi.jp

Message

宮城県のほぼ中央部、仙台市の北隣に位置する富谷市は、約400年前に伊達政宗公の命により開宿した奥州街道の宿場町「富谷宿」を起源として発展し、2016年に市制施行により「富谷市」となりました。
豊かな自然、新興住宅地、商業施設、子育て環境などが整備されており、住み良さに関して高い評価を得ています。
市ではまちづくりの将来像に掲げる「住みたくなるまち 日本一」の実現に向けて各種施策に取り組んでいます。

子育て の魅力

妊婦健診、乳幼児健診、育児相談など、妊娠期から子育て期までの切れ目のない支援を行う「とみや子育て支援センター(とみここ)」の設置や、18歳年度末までのお子様の医療費の助成等を実施しており、安心して出産や子育てをすることができる環境の整備に力を入れています。
また、令和4年4月1日時点での待機児童数ゼロの達成や、市内全ての小学校敷地内への「放課後児童クラブ」の設置などの取組によって、子育てと仕事を両立することができる環境の整備にも力を入れています。

仕事 の魅力

市内への企業誘致を積極的に進め、就業機会の拡大を図っているほか、隣接する仙台市などへのアクセスが容易であることも魅力の一つとなっています。
起業・創業支援については、市内の空き店舗等を利用する新規創業者に対して、補助合計額100万円を上限に、店舗取得費・改装費や、店舗等賃貸借料を補助する事業を行っています。
また、起業・創業の拠点となる「富谷市まちづくり産業交流プラザ(TOMI+)」は、市民の想いを実現するための起業塾「富谷塾」の実施や、法人・個人を問わず利用できるシェアオフィスの設置など、業種にとらわれない様々な方のチャレンジを後押しする場となっています。

住まい の魅力

「『住みたくなるまち日本一』を目指して」というキャッチコピーのもと、住環境の整備に力を入れており、市内には新興住宅地や大型スーパーが多く立地しています。また、市内明石台東地区では、大規模な宅地開発が進んでいます。
富谷市は、大東建託の「街の住みここちランキング2022」において3年連続東北1位、東洋経済新報社「都市データパック」における「住みよさランキング2022」では3年連続宮城県内1位、株式会社リクルートの「SUUMO住民実感調査2022 宮城県版」における「住み続けたい自治体ランキング」では1位になるなど、住環境の良さについて、実際に暮らしている市民の方々から高い評価を得ています。

暮らしのデータ

人 口
52,374人
世帯数
20,007 世帯
保育施設等
14 所
小学校
8 校
中学校
5 校
病院
3 院
一般診療所
28 所

(2022年04月01日時点)

  • ※保育施設等:保育所、認定こども園、小規模保育事業所、事業所内保育事業所などの認可保育所数

生活交通情報

路線バスと当該路線バスを補完するためのコミュニティバス(市民バス)(1回乗車100円)を運行しています。市民バスは、福祉的機能を持つ重要な交通手段として利便性の向上に努めています。今後は、市内はもとより仙台市営地下鉄までの円滑な新公共交通網の整備などさらなる都市基盤の充実に向けた具体的な検討をはじめています。

【仙台市との距離感】
・電車+路線バス:約45分(仙台市営地下鉄南北線仙台駅~泉中央駅(15分)+路線バス)
・車:約35分(国道4号線)

【地域内の移動手段】
・バス:路線バスに加え、コミュニティバス(市民バス・1回乗車100円)を運行
・車:富谷市役所から東北自動車道の泉ICまで15分・大和ICまで約10分、仙台北部道路富谷ICまで約5分
・その他:一部地域でデマンド型交通を運行

市町村個別支援情報

住まい

子育て

仕事

その他

● 空き家情報

空き家情報を紹介している登録事業者(不動産会社)一覧をホームページ等で紹介

【お問い合わせ】

生活環境課/022-358-0515

● 出産支援

・妊娠期から子育て期まで切れ目なく支援を受けられるよう、ワンストップ拠点「子育て支援センター」を活用し、各種健診や教室、総合的な相談や支援、交流の場の提供を実施

【お問い合わせ】

とみや子育て支援センター「とみここ」
022-343-5528

● 医療費助成

入院・通院に掛かる医療費を18歳まで助成(所得制限なし、一部自己負担あり)

【お問い合わせ】

子育て支援課/022-358-0516

● 子育て支援

・就労等で保護者が家庭にいない児童を対象とした「とみや放課後児童クラブ」を全小学校の敷地内に設置

【お問い合わせ】

子育て支援課/022-358-0516

● 就学・教育支援

・小中学校に通うお子様の学用品費や給食費等の一部を援助
・富谷市出身で高等学校、高等専門学校、大学、短期大学、専修大学(専門課程)に在学する学生向けに無利子の奨学金貸付を実施

【お問い合わせ】

学校教育課/022-358-0521

● 起業支援

・富谷市まちづくり産業交流プラザで市民の想いを実現するための新しいスタイルの起業塾「富谷塾」を実施
・㈱日本政策金融公庫の創業支援関係融資に係る利子相当額(上限額10万円)を3年間補助
・市内の空き店舗等を利用する新規創業者に対して店舗取得費・改装費(初年度のみ)の1/2以内を補助(上限額100万円)<令和2年4月1日~令和5年3月31日>
・市内の空き店舗等を利用する新規創業者に対して店舗等賃貸借料月額の1/2以内(上限額2万円)を36ヶ月補助<令和2年4月1日~令和5年3月31日>

【お問い合わせ】

問い合わせ先
産業観光課/022-358-0524

● その他

重度の障がいや要介護状態にある方に対して、年額1万8千円を上限としてタクシー利用券を助成。

【お問い合わせ】

地域福祉課/022-358-3294

● その他

高齢者や障がいのある方に対して、バス・地下鉄等の運賃を年間2万円分を上限(うち1割は自己負担)に助成する外出支援乗車証を交付

【お問い合わせ】

長寿福祉課/022-358-0513
地域福祉課/022-358-3294

● 結婚支援

黒川地区の市町村が連携して、毎月結婚相談所を開設。相談は専門のアドバイザーが行い、結婚に関する情報の提供、結婚の相談ならびに結婚相手の紹介を実施。

【お問い合わせ】

富谷市農業委員会/022-358-0523

移住支援情報

【移住相談窓口】

企画政策課

電話番号:022-358-0517
メール:kikakuseisaku@tomiya-city.miyagi.jp

オンライン等個別相談予約の申し込み

毎週水 9:00~16:30(日~火、木~土、祝日)

PAGE TOP

MIYAGI

SUPPORT

相談はこちら

移住・就職の相談をする

(一般の方向け)

宮城県への移住やお仕事に関するご相談は、
お気軽にみやぎ移住サポートセンターに
ご相談ください。

みやぎ移住サポートセンター

TEL090-1559-4714

10時-18時/火曜-日曜(月曜・祝日:休館日)