地域おこし協力隊

宮城を変える力になる。

地域おこし協力隊という制度をご存知ですか?
地域おこし協力隊とは、各自治体の委託として1年から3年の期間、地域で生活しさまざまな地域協力活動を行うことです。 仕事を通じて地域資源の魅力を体感し、意欲ある地域の人と協働することで、スムーズな移住定住につながることを目指した取組です。

募集中の地域おこし協力隊

平成29年度大郷町「地域おこし協力隊」

大郷町・地域おこし協力隊

大郷町地域おこし協力隊として大郷町長が委嘱します。任期は、採用日から平成30年3月31日までです。 ※なお、委嘱期間は最長3年まで延長することができます。 下記の受入先で活動していただきます。応募段階で希望する受入先を選択してください。1つの受入先での活動、複数の受入先での活動も可能です。応募段階でご希望をお聞きします。ただし、受入先との調整の関係でご希望にそえない場合もあります。また、希望により3年後の就職も可能です。受入先の概要及び受入先で求める詳しい募集希望者等は、別紙(大郷町HPより)をご覧ください。 (1)㈱おおさと地域振興公社 ・道の駅「おおさと」の運営補助と地域情報の発信・交流の促進 ・道の駅「おおさと」としてのPR活動及びイベント企画 ・農畜産物の販売促進と地元資源を活用した特産品開発・販売プロモーション ・農産物出荷団体(産直友の会)との連携強化 (2)㈲大郷グリーンファーマーズ ・野菜(主にネギ)の栽培(土づくり、肥培管理、防除技術)・収穫・調整・出荷作業 ・水稲及び大豆の栽培(土づくり、肥培管理、防除技術)・収穫・乾燥調整・出荷作業 ・農畜産物の荷分け・配送・納品業務 ・電話での受発注・伝票管理等の事務 ・卵の洗卵・選別・パック詰め作業 ・販売・営業マネジネント業務 等 (3)みどり会農産加工㈱ ・既存商品(もち・団子等)の製造・管理・販売に関する業務 ・新商品の企画・製造・販売に関する業務 ・ネット社会に対応した情報発信・商品の販路拡大に関する業務 (4)㈱さくらファーム ・畑わさびの栽培 ・特産品開発及び販路開拓業務 ・農産物の加工 ・ホームページの運用 ・事業企画 任期:採用日から平成30年3月31日まで(委嘱期間は最長3年まで延長することができます)

平成29年度七ヶ宿町地域おこし協力隊(ブランドプロモーション)

七ヶ宿町・地域おこし協力隊

七ヶ宿町は、蔵王連峰の南麓、宮城県の最南西部に位置し、福島・山形の両県と境界を接し、奥羽山脈の東南斜面の一帯を占め、周囲91kmにおよぶ自然環境に恵まれた町です。町のほぼ中央を東西に白石川が流れ、これに沿うように集落が形成されています。地域の大部分が自然環境に恵まれており、青い空と四方の山々とが美しく調和しています。人口減少が進むなか、高齢化の進展と地域の担い手が不足して、町内諸活動が停滞するなど深刻な状況にあります。このようなことから、農山村の活性化や地域資源を活かした魅力あるまちづくりの実現に意欲のある都市住民を「七ヶ宿町地域おこし協力隊」に委嘱し、新しい視点や発想によって地域の活性化を図るとともに将来の担い手となる人材を募集するものです。 【業務内容】七ヶ宿ブランドプロモーション 七ヶ宿町の物産ブランド品の開発、販売促進及び情報発信や地域資源の魅力の掘り起し、イベントの支援・運営、その他物産全般の振興業務にあたります。 ※ 上記活動以外に次の(1)~(3)の活動も含まれます。 (1)集落等の要望により住民と協力して行う活動 可能な範囲で集落の環境維持、高齢者の生活支援、地域行事、コミュニティ事業などの地域づくり活動に従事します。 (2)協力隊としての自主的な地域振興活動 経験やスキル、ネットワーク等を活かし、協力隊として自主的に行う企画活動ができます。 (3)その他 協力隊の活動に必要な研修に参加します。 【期間】 (1)委嘱から1年間とします。(平成29年10月から順次) (2)最長で3年間まで期間を延長することができます 。 ※地域おこし協力隊は、町非常勤特別職として町長の委嘱を受けます。 ※町から委嘱を受けた地域おこし協力隊員は、町及び研修先等の指示に従い活動するものとし、次に定める場合は委嘱を取りし又は、更新しないことがあります。 ①本人から取り消しの願い出があった場合 ②地域おこし協力隊員に不良行為(協力隊としてふさわしくない行為)が認められた場合 ③傷病、事故等により、地域おこし活動等が継続できなくなった場合

平成29年度七ヶ宿町地域おこし協力隊(まちづくりサポート)

七ヶ宿町・地域おこし協力隊

七ヶ宿町は、蔵王連峰の南麓、宮城県の最南西部に位置し、福島・山形の両県と境界を接し、奥羽山脈の東南斜面の一帯を占め、周囲91kmにおよぶ自然環境に恵まれた町です。町のほぼ中央を東西に白石川が流れ、これに沿うように集落が形成されています。地域の大部分が自然環境に恵まれており、青い空と四方の山々とが美しく調和しています。人口減少が進むなか、高齢化の進展と地域の担い手が不足して、町内諸活動が停滞するなど深刻な状況にあります。このようなことから、農山村の活性化や地域資源を活かした魅力あるまちづくりの実現に意欲のある都市住民を「七ヶ宿町地域おこし協力隊」に委嘱し、新しい視点や発想によって地域の活性化を図るとともに将来の担い手となる人材を募集するものです。 【業務内容】まちづくりサポート 七ヶ宿町への移住定住及び空き屋対策の促進や情報発信、各イベントの支援・運営、その他まちづくり全般の振興業務にあたります。 ※ 上記活動以外に次の(1)~(3)の活動も含まれます。 (1)集落等の要望により住民と協力して行う活動 可能な範囲で集落の環境維持、高齢者の生活支援、地域行事、コミュニティ事業などの地域づくり活動に従事します。 (2)協力隊としての自主的な地域振興活動 経験やスキル、ネットワーク等を活かし、協力隊として自主的に行う企画活動ができます。 (3)その他 協力隊の活動に必要な研修に参加します。 【期間】 (1)委嘱から1年間とします。(平成29年10月から順次) (2)最長で3年間まで期間を延長することができます 。 ※地域おこし協力隊は、町非常勤特別職として町長の委嘱を受けます。 ※町から委嘱を受けた地域おこし協力隊員は、町及び研修先等の指示に従い活動するものとし、次に定める場合は委嘱を取りし又は、更新しないことがあります。 ①本人から取り消しの願い出があった場合 ②地域おこし協力隊員に不良行為(協力隊としてふさわしくない行為)が認められた場合 ③傷病、事故等により、地域おこし活動等が継続できなくなった場合

地域おこし協力隊になるためには?

(1)活動内容や条件などが各自治体によって異なるため、自治体ごとのによる募集情報をご確認下さい。
(2)募集している地方自治体へお問合せ/お申込み下さい。
(3)地方自治体による選考が行われ、採用が決定します。
(4)現住所から採用先の自治体に住民票を移動し、地域おこし協力隊としての活動がはじまります。